「諏訪大社」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「諏訪大社」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「諏訪大社」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「諏訪大社」のスピリチュアルでの象徴や意味

「諏訪大社」はスピリチュアルな世界では、「武神である建御名方神(タケミナカタノカミ)を祀っている諏訪大社の神秘的なパワーで、どんな勝負ごとでも勝利に近づける運勢」を象徴しています。

「諏訪大社」「五穀豊穣の恩恵」を与えてくれる神社でもあり、「食べることに困らず健康的な毎日を送れる」という嬉しい意味もあります。

「御神渡(おみわたり)の影響で一番好きな人との縁が切れないこと」の象徴にもなっています。

「諏訪大社」のスピリチュアルメッセージ

「諏訪大社」のスピリチュアルメッセージは、「自分から負けを認めずに頑張る限り、最後の最後に勝利・成功を獲得することができます」といったメッセージになります。

冬の諏訪湖に張った氷に亀裂が走る「御神渡」の霊力で、「本当に深い愛情を注ぎ続けている相手がツインレイ(運命の人)であるならば、何度別れても再び結びつくことができます」といった恋愛運アップのメッセージも送り届けてくれています。

「諏訪大社」のスピリチュアル的な解釈

「諏訪大社」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「諏訪大社」いい意味での解釈

「諏訪大社」のいい意味での解釈は、自然豊かな長野県にある諏訪大社は、「人混みの都会よりも森林・山野の多い田舎で、スピリチュアルなヒーリング効果を浴びて心身を健康に保てる」になります。

「諏訪大社」は、「運命の恋人との運命的な邂逅(出会い)と復縁」も暗示しています。

また戦いの神様である「タケミナカタノカミ」のスピリチュアルパワーによって、「仕事・恋愛のライバルとの競争において有利なポジション」を得やすくなるでしょう。

「諏訪大社」悪い意味での解釈

「諏訪大社」の悪い意味での解釈は、「都会的な環境・流行から離れすぎてしまうことで、今現在起こっている物事にあまりに疎くなってしまうリスク」を示唆しています。

「マイペースな生き方・働き方」に傾きすぎて、「集団生活・サラリーマン生活への適応能力」が落ちやすくなるのです。

「五穀豊穣=飽食の満足」を感じすぎることで、「生きるために働くという基本的な労働モチベーション」が落ちやすいので気をつけましょう。

またロマンスにこだわりすぎると、日常にある恋愛のチャンスを見逃しやすくなります。

まとめ

「諏訪大社」「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?

「諏訪大社」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細を知りたいという人は、この記事の内容をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました