「財布が欲しくなる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「財布が欲しくなる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何年かに1度、財布が欲しいと思うことがありませんか。

財布とはお金を入れる道具であり、人によっては毎日のように使う必需品なので、痛みがちなこともあります。

そして新しい財布が欲しくなる時というのは、スピリチュアル的には金銭運に関して気になる出来事なようです。

「財布が欲しくなる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

ある時にふと財布が欲しいと思うのは、お金の運気が変わるという意味があります。

財布がある程度古くなった状態になると、金運は徐々に落ち始めてしまいますが、それが持ち主に知らされているのです。

新しい財布に変えると一気に金運は上がるため、人生が上手くいくことに直結しています。

また古いものを捨てることは過去の悪いエネルギーや執着を手放すという意味でも、縁起のよい行動です。

新しい財布を手にすることで、イキイキとした気分になるため、波動を上げる効果もあるでしょう。

「財布が欲しくなる時」のスピリチュアルメッセージ

もしある日に財布が欲しくなることがあったら、「新しい財布お金が増えるよ」「あなたの悪い運気を好転させるよ」というメッセージです。

すぐに買い替えたほうが宜しいでしょう。

「財布が欲しくなる時」のスピリチュアル的な解釈

新しい財布に変える場合に、どんなものを選ぶのかはちょっと考えてみてください。

形状や素材などにより、もたらされる金運が違ったものになるからです。

そして欲しい気持ちを無視することは、残念な結果を招くかも知れませんよ。

「財布が欲しくなる時」いい意味での解釈

財布を買い替える時期は3年を目安にしますが、それより早いとしても、欲しくなった時が買え時と言われています。

使用が1年に満たなくても良いし、毎年買い替えたり、金銭トラブルが起きたら変えるのもおすすめです。

新たに持つべき財布の形は、欲しいと思った形で良いですが、お札が綺麗に入る長財布、多く入るガマ口などを選んだら、金運を呼ぶと言われています。

人工素材より牛革や蛇革などの天然素材のほうが良く、特に蛇は弁天の使いで金運アップすると言うので縁起が良いです。

色についても欲しいと思った色で良いですが、金や黄やオレンジなど金運を呼び込む色を選ぶこともおすすめします。

「財布が欲しくなる時」悪い意味での解釈

もし財布が欲しいという気持ちを無視してしまうと、せっかくの金運アップの流れに乗ることができないと解釈できます。

財布が欲しいのにボロボロの財布を使い続けることは、ますますお金が逃げることに繋がると言われています。

安い財布でも良いので、新しくするほうがずっと良い効果をもたらすはずです。

まとめ

ある時に新しい財布が欲しい気持ちが湧いたら、お金が増える時期のお知らせであり、運勢の好転に繋がるということでした。

古いよりも新しい財布のほうが、色んな意味でずっと幸福を招くのです。

形と素材と色はお好みで選んで、最高の金運を招いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました