「買い物依存症」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「買い物依存症」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

もし普段よりも出費が多くなっているなら、買い物依存症に陥っているかもしれません。

これは買いたくないと思っていても購入してしまう依存症の1つで、心の病気として知られています。

悪化すれば家族も壊れ、生活が困窮することにもなりかねません。

買い物依存症のスピリチュアル的な意味や解釈を得て、改善の助けにしてみてください。

「買い物依存症」のスピリチュアルでの象徴や意味

すでに買い物依存症になった状態なら、それは満たされない気持ちや、寂しい気持ちの現われです。

心に満足感や充足感が足りていないので、何らかの物を集めて埋め合わせている状態です。

「買い物依存症」のスピリチュアルメッセージ

そんな買い物依存症に陥っている場合は、「今とは別の生き方をしないと駄目」というメッセージになっています。

ちょっとやそっと変えるくらいでは、改善するには程遠いかもしれません。

「買い物依存症」のスピリチュアル的な解釈

このまま酷い買い物依存症が続いてしまうと、人生の破滅に直結している可能性があることを表しています。

それを買い物依存症が教えてくれているので、初期であればできる対策をすぐに取ってください。

カードを使わないようにしたり、人に買い物チェックをしてもらうなどの対策は基本です。

また買い物とは違って、スポーツや旅行や趣味を充実させると解決する場合があります。

「買い物依存症」いい意味での解釈

いつも食べ物を買い込んでしまうなら、野菜を育てる趣味で充足感を得たほうが良いというサインです。

例えば自宅の家庭菜園で野菜をたくさん育ててみれば、買わずに充実するしいっぱい食べられるしで一石二鳥になります。

雑貨や衣類を購入しすぎてしまうなら、もうそういったものは不要なことを表しています。

定期的に買取を依頼して全部処分してお金を作って対応したり、雑貨は自分で作る楽しみを見出すのもよいことでしょう。

ゲームや漫画を買いすぎてしまうなら、それは無駄なことをしていることを示しています。

漫画の場合も売って処分をするのはもちろん、スマホ用の無料漫画アプリを入手して好きなだけ読むようにしましょう。

「買い物依存症」悪い意味での解釈

かなり使う金額が大きくなって困窮している場合、もう後がないところまで追い詰められていることを示しています。

そうすると周囲の人間関係や生活まで壊れてまうのは確実。

今すぐに市役所など身近なところに相談する必要があるでしょう。

まとめ

とても厄介な買い物依存症は、スピリチュアル的に言えば生き方を見直したほうが良い意味が含まれていました。

自分や身近な人が陥ったら怖いことになりかねませんが、改善を一番に考えて乗り切って行きたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました