PR

「赤い傘」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「赤い傘」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

よく目立つ、レッド色の傘が欲しくなることも。

赤い傘にまつわる、幸せのジンクスを見ていきましょう。

「赤い傘」のスピリチュアルでの象徴や意味

雨が多いシーズンになると、かわいい傘が欲しくなります。

会社用の折りたたみ傘、あるいはブランドものの傘を手に入れたくなります。

スピリチュアルの面で赤い傘は「愛情運、勝負運を上げてくれる魔法のアイテム」とされています。

赤にはエネルギーを活発にするご利益があって、手元にあるだけで持ち主を元気にさせてくれます。

とくに気持ちが下がりやすい雨の日に赤い傘を持つと、やる気が加わって前向きな一歩を踏み出せるように。

「雨の日だけど冒険してみよう」という爽やかな気持ちになれます。

迷いやすい気持ちを追い払ってくれる強さもあるので、優柔不断さを断ち切りたい時にもぴったりです。

日常を華やかにしてくれる、情熱的なアイテムです。

「赤い傘」のスピリチュアルメッセージ

ラズベリーやトマトのように赤い傘をさすと、雨の日なのに幸せな気持ちになれます。

足元が汚れても構わないという気分になって、小さな冒険をしたくなります。

赤には愛情運や勝負運というご利益もあるので、好きな人と盛り上がれる、負けられない場面で勝てるようになるという強さも引き出してくれます。

努力はしているのに思い通りに恋がいかない時、頑張っているのに具体的な答えが見えてこない時に、ぜひ赤い傘をつかってみてください。

家の傘立てに立てておくだけでも開運につながっていくので、赤い傘がひとつあれば、幸せの方向に進めてくれます。

「赤い傘」のスピリチュアル的な解釈

赤い傘にまつわる、いいお知らせと注意点を見ていきましょう。

「赤い傘」いい意味での解釈

いきなり赤い傘が欲しくなるのは「チャレンジ精神が高まっている」というサインです。

新しいことに挑戦できるよう、いいエネルギーの状態になっています。

失敗を恐れることもなく、あたらしい挑戦をしていけるでしょう。

お気に入りの赤い傘をさして、好きなことを始めてみましょう。

「赤い傘」悪い意味での解釈

インパクトがある赤い傘には「興奮、強引」という訳もふくまれています。

そのため相手の都合をお構いなしで、自分の気持ちをぶつけてしまうことも。

青がこうした力を差し引いてくれるので、例えばスマホのストラップやケースに青を差し色として入れておくと安定につながっていきます。

調和を考えて動いてみてください。

まとめ

赤い傘にまつわる、明るいサインを見てきました。

幸せの答えを知って、あなたらしい日常につなげてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする