「赤い月」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「赤い月」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつもと違う赤い月を、何処かで目の当たりにしたことがありますか。

科学的に言えば朝焼けや夕日と同じ原理で、月が地平線に近い時に赤く見えるという気象現象だと言います。

しかし赤い月は不吉だと言う話もあるので、スピリチュアル的にはどんな意味なのかを知る必要があるようです。

「赤い月」のスピリチュアルでの象徴や意味

月とは古来より変化や成長の象徴で、月が生命にエネルギーを与え、幸福をもたらしたり願い事を叶えるなどと言われてきました。

しかし赤い月の場合には、月食同様に不吉なことの予兆であると言われることもあります。

例えば「旧約聖書」では赤い月の後に大地震が起きたという記述があり、それが赤い月は地震の前触れと言われる理由の1つでした。

現在の日本でも赤い月が見えたら、地震や噴火などの災害が起き、人を興奮させる変化を起こし、事故が異常に増えるとも言われるようです。

一方で赤い月にはポジティブな意味もあり、赤い月に願い事をすると叶うという伝承も存在しています。

そして近年は赤い月をストロベリームーンと呼び、見ると幸運な変化が訪れるという話も聞かれるようになりました。

「赤い月」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが赤い月を見る時に、ポジティブに捉えるならば「幸福な変化が起きる前兆だよ」というメッセージです。

逆にネガティブに捉えると「不吉な変化が起きるかもしれないよ」というメッセージになるでしょう。

「赤い月」のスピリチュアル的な解釈

何処かで赤い月を目撃した場合には、何らかのスピリチュアル的な変化が起きる可能性はありそうです。

しかしいずれにしてもそれをチャンスとして活かすことが大切になります。

「赤い月」いい意味での解釈

もし赤い月をポジティブに捉える場合、満月の時に運気や波動を高める効果は最も大きくなりそうです。

また夢の中に赤い満月を見るのは、好意的な意味の場合もあります。

例えば夢で赤い月の満月を見れば、運気を高める前触れです。

さらに夢の中で赤い月が昼間に出たら、新たな恋の始まりという意味になります。

滅多に見られない赤い月ですが、もし撮影ができたら幸福なエネルギーを身に着けることになるかもしれません。

スマホの待受け画面や、部屋に飾り付けるなどを試して見ると良いでしょう。

「赤い月」悪い意味での解釈

一方で赤い月をネガティブに捉える場合、満月であるなら最も凶事を警戒すべきとなるでしょう。

また夢占いでは赤い月が欠けていたり、雲に隠れていたら良くないことが起きる前触れと言われています。

大災害が起きるかはわかりませんが、個人的なトラブルなどは警戒しておくのが良いです。

まとめ

赤い月とは見る人の捉え方により、幸福にも不吉にもなる存在でした。

赤い月が出たからと言って、絶対に大地震が起きるわけでもないのです。

警戒するのは構いませんが、できればポジティブに捉えてラッキーを呼び込んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました