「赤い服」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「赤い服」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

幼少の頃から、なぜか赤い服に魅了された人も多いかもしれません。

赤はとても目立つ色の1つで、血液や炎の色です。

赤いシャツを着るとなんだか元気になると言う人もいます。

では赤い服がもたらす、スピリチュアル的な効果とは一体どんなものなのかを詳しく見てみることにしましょう。

「赤い服」のスピリチュアルでの象徴や意味

情熱の赤や真っ赤な太陽という言葉があるように、赤い色は生命と宇宙のエネルギーを象徴している色です。

愛情や闘争心など、ポジティブなことに冠する意味が強くなっています。

神社では赤が邪気を祓う色として機能していました。

そしてネガティブなほうでは、攻撃性や血を流すことを象徴している面も併せ持っている色です。

赤い服を着るということは、人の波動を上昇させて悪いものを寄せ付けないことに繋がると言います。

赤い服によってエネルギーを高めて元気になるとか、目立ったり活動力を引き出すとも考えられてきました。

「赤い服」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが赤い服を着たくなるのは、「情熱とやる気をみなぎらせて」「邪気を祓ってエネルギーを高めて」というメッセージです。

赤は試験や勝負の日、周囲を引っ張りたい日に身につけることで一層効果が上がります。

「赤い服」のスピリチュアル的な解釈

これから赤い服を身につける場合、上手な着こなし方によって赤本来のエネルギーを取り入れることができます。

しかし赤を着る人によっては無理がでることもあるので、気をつけなければいけません。

「赤い服」いい意味での解釈

全体が赤いシャツやズボンやスカートなどは、トップスかボトムスどちらか一方だけ赤にすることで、エネルギーが丁度よい状態にできます。

もしノーマルな赤い色がきつすぎると感じるなら、色褪せた赤、暗い感じの赤、朱色などを選ぶとエネルギーバランスを調整できるでしょう。

インナーのシャツやマフラーや帽子など、一部だけに使うのがおすすめです。

また赤が混ざったチェック柄や、赤を使った絵が入ったシャツなども、適度な赤のエネルギーを得られるアイテムになります。

「赤い服」悪い意味での解釈

真っ赤なシャツなどの服はエネルギーが強くて目立ってしまうので、人によってはそれが耐え難く感じるかもしれません。

もし赤がそれほど好きではない人は無理して使うことをせず、部分的に使うに留めたほうが吉と出るでしょう。

まとめ

とても目立つ赤い服を着たら、波動を上げて情熱や元気を高める効果がありました。

何かの勝負事の日や目立ちたい日には、とてもおすすめなのが赤い服です。

しかしとてもエネルギーが強いので、着こなし方はよく考えてみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました