「赤ちゃんに泣かれる人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「赤ちゃんに泣かれる人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

赤ちゃんをあやしているのに、大泣きされる人もいます。

どういった理由があるのか、見ていきましょう。

「赤ちゃんに泣かれる人」のスピリチュアルでの象徴や意味

可愛い赤ちゃんをあやしているのに、泣かれる人を見ることもあります。

好かれる人と好かれない人の境界線はどこにあるのだろうと不思議になります。

スピリチュアルの世界で赤ちゃんに泣かれる人は、エネルギーの乱れが起こっている人です。

周波が乱れているので、その「絡まり」をピュアな赤ちゃんが敏感に感じ取って泣いてしまいます。

反対に赤ちゃんに泣かれない人は、気持ちが整っている人です。

エネルギーの乱高下がないので、穏やかで温かいオーラに包まれています。

周囲にいる人を和ませるので、どこか温かい気持ちになるのです。

「赤ちゃんに泣かれる人」のスピリチュアルメッセージ

どんなに取り繕っても、赤ちゃんに好かれない人もいます。

このような人は、心の乱れがあることが多いです。

疲れていて他人に心を開く余裕がなかったり、誰かに嫉妬していて心の中に暗いカーテンが下りたままだったりすると、波動が乱れてしまうことがあります。

赤ちゃんは思っている以上に、繊細な生き物。

人の気持ちを感じ取って、それに見合う対応を取ります。

もし赤ちゃんに接して、赤ちゃんが大泣きするようであれば、どこかで気のエネルギーが乱れている可能性があります。

心に余裕のランプを灯しながら、進んでみたいです。

「赤ちゃんに泣かれる人」のスピリチュアル的な解釈

赤ちゃんに泣かれる人のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「赤ちゃんに泣かれる人」いい意味での解釈

愛情こめて接しているのに、赤ちゃんに泣かれる時があります。

こちらのエネルギーが満たされているのに、赤ちゃんがご機嫌斜めになる場合は「赤ちゃん側に理由がある」こともあります。

赤ちゃん自身の波動が乱れていて、何を見てもどんな人に会っても、機嫌が悪いことがあります。

あまり自身を責めずに、気楽に触れ合っていきましょう。

「赤ちゃんに泣かれる人」悪い意味での解釈

赤ちゃんに泣かれてしまう人は「特有のバリア」を持っていることも。

小さな子供が苦手だと思っていると、見えないバリアが張られてしまい、そのバリアに反応して赤ちゃんが大泣きすることもあります。

もし何度も赤ちゃんに泣かれて困った場合は、そうした心のコリをほぐしてあげると、赤ちゃんの反応が変わることもあります。

リラックスして触れ合ってみましょう。

まとめ

赤ちゃんに泣かれる人のジンクスを見てきました。

赤ちゃんに泣かれる人は、一時的に波動が弱っている可能性があります。

好かれる人と好かれない人の差を知って、明るく日々を生きていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました