「赤色」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「赤色」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

一番好きな色は、赤だという人は必ずいるものです。

赤はとても主張の強い色であり、古代から稲荷神社の鳥居の色としても知られていたように、どこでも一番目立っている感じがします。

果たしてスピリチュアル的に言って、赤色とは人にどんな影響を与えてくれるのでしょうか。

「赤色」のスピリチュアルでの象徴や意味

赤色から思い起こされるのは、光をもたらす太陽、生命に流れる血、生活に必須な火などです。

赤色は古代から、人類にとって情熱や生命力やエネルギーの象徴でした。

赤い色はホルモンを分泌することに役立ち、気持ちを高ぶらせる役割があるのです。

赤色とは善悪の両面に関わることであり、善の側では生きるための行動力であり、動物の血を流して火で調理すること、男女の恋愛、邪気を祓う色などがあります。

そして悪い側では怒りや憎しみを優先させた行動や、戦争などの象徴にもなっているでしょう。

「」のスピリチュアルメッセージ

もし赤い色が好きだったり、優先的な色にしたい場合は、「やる気と情熱をみなぎらせるよ」とか「強いエネルギーを身に付けられるよ」というメッセージになっています。

なんとなくやる気が出なかったり力強さがない人にはおすすめです。

「赤色」のスピリチュアル的な解釈

生活に赤色を取り込むことで、様々なプラスの作用を生み出すことになります。

しかし時に赤がマイナスに作用してしまうので、自分の状態を見極めて活用するのが重要です。

「赤色」いい意味での解釈

衣服や道具など身の回りのものに赤い色を取り入れることで、常にやる気を高められるという効果があります。

何かの勝負事がある時に赤の衣服を身につけるなら、いつもより攻撃性や力強さが湧いて良い結果に繋がるかもしれません。

赤い色の食べ物を率先して食べることで、体にエネルギーを湧き上がらせることができます。

たとえばにんじん、唐辛子、りんご、トマト、肉類などです。

赤色の食材は熱を通して食べるほうが、エネルギーや気力を高めやすいでしょう。

「赤色」悪い意味での解釈

赤を好んでいる時に短気だったり攻撃性や自己中心的な感じを発揮しているのは、心にネガティブが蓄積していて、しかも赤色がそれに拍車をかけているかもしれません。

いったん赤を取り入れることを止めてみたり、リラックスや運動などをして、浄化を摺る必要がありそうです。

まとめ

身近なところに溶け込んでいる赤色とは、やる気と情熱やエネルギーを高められるという優れた色でした。

普段の生活に赤を取り入れたら、通常よりも能力までもアップするかもしれません。

今一つ結果が出ない人は、ぜひ赤色の効果を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました