「足が重い場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「足が重い場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

移動手段には必ず用いられる足。

そんな足が歩きたくないほどにだるくなったり、重くなったりすることはないでしょうか?足が動かないと体ごと動きたくなくなってしまいますよね。

人にとって足は第二の心臓と呼ばれるほどに大切な部位です。

その足に異常を感じたのなら、それはあなたへの何かしらのメッセージかもしれません。

もちろん、足を酷使しすぎていたり、また体調が悪かったりなどする場合にも足は重くなりますが、それ以外のスピリチュアル的メッセージが込められている場合もあるのです。

ではどういったメッセージなのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

「足が重い場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

足は基本的に移動手段に用いられます。

その場所に異常をきたすということは、移動することに何かしらのメッセージを送っていると考えられます。

動きたくても動けない、また、逆に今が動くときであるということもあります。

これは、実際の行動そのものの場合もありますが、気持ち的なもの、特に友達や好きな人へのアプローチなども含まれます。

「足が重い場合」のスピリチュアルメッセージ

では、動く方がいいのか、悪いのかを見極めるポイントにいきます。

基本的に何となくだるいなと言う程度であれば、あなたに運動不足のメッセージを送っている可能性があります。

そういう場合には進んで歩きましょう。

好きな音楽を聴きながら歩くだけで体も足も軽くなるはずです。

逆にあまりに足が重い場合には、今は動いてはいけないというサインです。

気持ちばかりが先走り、動いても良い結果が出ないでしょう。

そういう時は大人しくじっとしていることが吉と出ます。

「足が重い場合」のスピリチュアル的な解釈

足が重い、動かないというのは先にも話した通り、あなたの行動全般を意味します。

旅行や運動会などの実際の行動もありますが、三角関係状態にあり、自分がどう行動してよいのか迷っているときなどにも足が重くなったり、だるくなったり、することがあります。

「足が重い場合」いい意味での解釈

あまりに重い場合、自分の行動は控えましょう。

逆に軽度なら、自分の思うように動いてみてください。

そうすることで、物事がいい方へ動いていくでしょう。

「足が重い場合」悪い意味での解釈

あまり、痛みが続くようなら、病気や骨折なども考えられるので、医療機関へ相談しましょう。

まとめ

足は自分が生きていく上で重要な部位です。

痛みを発症した場合は自分の行動を振り返って、その痛みが何に起因しているのかを見極めることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました