「足を踏まれる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「足を踏まれる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

通勤や通学時に電車やバスで足を踏まれること、よくありますよね。

そして、その時ふんだ人は気づかないことが多いのですが、ふまれた方は痛い。

実はその痛みにはスピリチュアル的なメッセージが込められているってご存知ですか?では、そのメッセージを今から説明していきましょう。

「足を踏まれる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

電車やバスの中で踏まれた場合、殆ど、一瞬で通り過ぎていくのですが、やはり、痛みが走りますよね。

でも、その痛みこそが気づいて欲しいという、スピリチュアルなのです。

痛みはある意味スピリチュアルの象徴的な感覚です。

そして、痛い部分によって、そのスピリチュアルの意味は変わります。

足に痛みを覚えたなら、それは、恐らくあなたが何かに迷っている時ではないでしょうか?自分の進むべき道に迷いがある時に、足に痛みを感じることがあります。

「足を踏まれる場合」のスピリチュアルメッセージ

稀に踏まれることの恋愛ジンクスとして、恋人ができる、両想いになるというスピリチュアルメッセージがあると言われています。

けれど、それも自分自身への気持ちの確認です。

自分がどうなりたいのか、この先どうしたいのかを明確にするために、そう言った刺激を受けていると思ってください。

あなたが迷いの中にいる間は、その思いが届けられない可能性もあるのです。

逆にそのふまれた刺激によって、自分の意思がしっかりすることも考えられます。

足を踏まれるイコール刺激で自分の気持ちに気づかせると思ってください。

「足を踏まれる場合」のスピリチュアル的な解釈

ふまれていたい場所は、足の甲になりますよね。

この部分は人が歩く上で、重要な部位になります。

その部分に痛みを感じたとしたら、それは、自分の進むべき方向を見失っている可能性もあるのです。

自分のやりたいことが曖昧で、また自分にそれができるのか自信がなくなっていたりしませんか?まずは、急いで進む前に、一度立ち止まり、自分自身を見直してみましょう。

何がしたいのか?またそのしたいことをするために、何をしなければならないのか?それを明確にすることで、あなたが自分の目指す方向へ、前進できるはずです。

「足を踏まれる場合」いい意味での解釈

迷いの中にあるあなたに、気づきをくれるサインです。

もし、ふまれたなら、そこで立ち止まり、自分を見直しましょう。

「足を踏まれる場合」悪い意味での解釈

自分の進むべき道を急いで、違う方向へと進んでしまわないように注意しましょう。

まとめ

足を踏まれることは痛いことですが、そのことによって、あなた自身が見えてくるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました