「身内が立て続けに亡くなる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「身内が立て続けに亡くなる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

親戚が続けて亡くなることがあります。

どのようなメッセージがあるのか、スピリチュアルの観点から見ていきましょう。

「身内が立て続けに亡くなる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

身内の不幸が続いてしまうと「呪われているのではないか」と臆病な気持ちになることもあります。

悪いことをしたため、神様が天罰を与えているのではないかと心苦しくなります。

けれどもスピリチュアルの世界で喪の連続は「好転」をあらわしています。

新しいゾーンに入っていき、エネルギーも高まっています。

赤ちゃんが誕生したり、結婚して親戚が増えたり、おめでたいことも同時におこっていきます。

切ないお別れの後には、喜ばしい出会いも待っていることを伝えてくれています。

「身内が立て続けに亡くなる場合」のスピリチュアルメッセージ

身内の不幸が続けて起こる場合は、あなたの運命が大きく変わっていきます。

亡くなった方は、それぞれあなたの守護神として、空の上からあなたの生活を見守ってくれています。

命あるものは、やがて亡くなっていくもの。

不幸が繰り返されたことに深い意味を求めずに「あなたがどう、これからの人生を楽しむか」に注目してみてください。

先に亡くなった方たちは、あなたが現世を楽しみ、そして満喫することを求めています。

悲しみに捉われて後ろ向きな気持ちになることを決して望んでいないので、心置きなく日々を楽しんでみてください。

あなたが今を懸命に生きることが、何よりのご先祖様に対する愛のメッセージになります。

「身内が立て続けに亡くなる場合」のスピリチュアル的な解釈

身の周りの人が亡くなるケースの、恵まれた解釈と注意点を見ていきましょう。

「身内が立て続けに亡くなる場合」いい意味での解釈

親戚の不幸が続くときは、あなたの人生が輝きを増していくサインです。

亡くなった方たちは、ひと足お先に天国から、あなたとあなたの家族を見守ってくれています。

困ったことがあっても、見えない所からサポートしてくれます。

大きな舟に乗ったつもりで、これからの人生を進んでいきましょう。

お墓参りを欠かさないなど、ご先祖様を大切にすることで、あなたの幸せも満ちていきます。

「身内が立て続けに亡くなる場合」悪い意味での解釈

身内の不幸が続くときは、全体的にいい意味合いが多いです。

ただ不幸を目の前にすると、心が疲れを感じてしまい、やるせない気分になることもあります。

大切な人を失うと、心のコップは空っぽになります。

そうした心境になるほど、愛おしい存在があったというのは、ある意味幸せな状況です。

泣きたい時には思いきり泣いて、心のデトックスを図っていきましょう。

しだいにあなたの人生に、虹が出てきます。

まとめ

身内が立て続けに亡くなる場合の、スピリチュアルサインを見てきました。

このようなケースでは、運命の好転をあらわします。

守り神が増えて、あなたの生活は豊かな出会いであふれていきます。

よい恩恵を知って、心のサプリメントにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました