「身近な人の死」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「身近な人の死」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

「身近な人の死」の持つ「スピリチュアル的な意味・象徴・メッセージ」について詳しく説明していきます。

「身近な人の死」のスピリチュアルでの象徴や意味

「身近な人の死」はスピリチュアルな解釈では、「身近な人の死を間近で体験することによって、人間の生命・人生が唯一無二でかけがえのないものであることを本心から理解できること」を象徴しています。

「身近な人の死」には、「現世では一度しかない人生を、誰のため何のために本気で生きていくのかの意味を知ることができる覚醒」といった意味合いがあるのです。

「身近な人の死」のスピリチュアルメッセージ

「身近な人の死」のスピリチュアルメッセージは、「身近な人が死ぬことは悲しみを生みますが、他者に対する感謝と自分の人生に対する覚悟を学ぶことができます」になります。

「身近な人の死」は、「死者が回帰するこの世とは別の位相にあるスピリチュアルワールドには、永遠の生命や無限の可能性があります」といった肯定的なメッセージが込められています。

「身近な人の死」のスピリチュアル的な解釈

「身近な人の死」のスピリチュアル的な解釈には、「いい意味の解釈」「悪い意味の解釈」があります。

それぞれの意味の解釈を分かりやすく紹介していきます。

「身近な人の死」いい意味での解釈

「身近な人の死」のいい意味での解釈は、「人間の生命と死について本質的な価値・認識を手に入れることができる運勢」の解釈になります。

「死を恐れる必要はなく、今の人生を一生懸命に生き抜くことに意味があるというスピリチュアルな自己啓発+真理直観の境地」に達することができそうです。

「お世話になった故人への感謝・報恩の気持ち」を持つことによって、「お互い様の好意と協力の対人ネットワーク」を広めていくことができます。

「身近な人の死」悪い意味での解釈

「身近な人の死」の悪い意味での解釈は、「悪い出来事が起こったときに、そのネガティブな面だけに注目してひとりで絶望してしまう恐れ」になります。

「マイナス思考のスパイラル」にはまることで、「どうせみんないつかは死ぬのだから、今を必死に生き抜く意味はない」というニヒリズムの虚無に引きずり込まれやすいのです。

「身近な人の死」「悲しみ・苦しみ・絶望の要因」とだけ捉えるのではなく、「有限の人生と無限のスピリチュアル世界を往還する一つの段階」として捉えることで、「死に対するナンセンスな悲観+人間否定の闇」を抜け出すことができるでしょう。

まとめ

「身近な人の死」「スピリチュアル的な意味」を分かりやすく解説しましたがいかがでしたか?

「身近な人の死」「象徴・スピリチュアルメッセージ」について詳細を知りたいという人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました