「車を擦る場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「車を擦る場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

運転していて不意に、車を擦ることがあります。

どのような言い伝えがあるのか、ジンクスを調べていきましょう。

「車を擦る場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

ガードレールやショッピングモールの壁に、うっかり車を擦ってしまうことがあります。

こうしたケースは、身代わりをあらわします。

運転している人に交通事故などのトラブルが起こらないように、見えない力が働いています。

守護神が守ってくれているサインなので、あまり大きなショックを受けないようにしましょう。

あなたは優しいパワーで、守られています。

「車を擦る場合」のスピリチュアルメッセージ

車を擦ってしまったら、あなたの身代わりとして周りの気が働いているサインです。

守護神があなたの身に何も起こらないように、働きかけてくれています。

車を擦ってしまうとひどく落ち込んでしまいますが「この程度で済んで良かった」と前向きに考えてあげてください。

大きな交通事故が起きることを想像すると、車のかすり傷は大した問題では無いはずです。

今回の衝撃で悪い厄も取り除かれているので、今後のあなたの私生活は順調に進んでいきます。

守護神に守られながら、温かい日々を送れそうです。

「車を擦る場合」のスピリチュアル的な解釈

車を擦る、スピリチュアルな意味を二つの観点から見ていきましょう。

「車を擦る場合」いい意味での解釈

車を擦ってしまったら、あなたの運気が上がっている良い兆候です。

体の周りに温かい気が張り巡らされて、悪いことが起こらないようにバリケードを立ててくれています。

車があなたの盾となって守ってくれた、明るいジンクスです。

また衝突には、厄落としとしての作用もあります。

この衝突をきっかけに、あなたの身辺の厄が落ちていきます。

清々しい気持ちで明日の朝から目覚めることができ、真新しい気持ちで色々なことに挑戦していけます。

運気が好転していく前ぶれなので、明るく考えておいてください。

「車を擦る場合」悪い意味での解釈

車を擦ってしまうときは、気が乱れているとき。

注意力が散漫になっているという、天からの警告です。

「車の運転には、いつも以上に気を付けて」とメッセージを送ってくれています。

イライラするなど心が落ちつかないときには、ハンドルを握るのは控えておきましょう。

いつもより時間と心に余裕をもって運転すると、このようなことが少なくなります。

まとめ

車を擦る場合のジンクスを見てきました。

このようなときは、あなたの守護神が守っているサインです。

大事故になる前に、車を盾にしてくれた可能性もあります。

運気が上昇するサインなので、明るく考えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました