「辛い時期」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「辛い時期」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

絶不調と思われる、辛い時期を経験することもあります。

スピリチュアルな意味を学んでいきましょう。

「辛い時期」のスピリチュアルでの象徴や意味

何をやっても、上手くいかないと思う日々もあります。

仕事や恋が理想通りにいかないと「神様はどうしてこうも、意地悪なのだろう」と恨めしく思えます。

ただこのような時期は、魂の修行にあたる期間。

神様が「あなたなら乗り越えられる」と課題を与えている時期です。

また運命の転換期にあたるので、この辛い時期が過ぎた後は、平和な時間が待っています。

選ばれし人のみが与えられる、とても貴重な体験です。

「辛い時期」のスピリチュアルメッセージ

踏んだり蹴ったりの期間は「魂の修行」を表現しています。

あなたがさらに格上の人になるために、神様が出した宿題です。

宿題を出される人は、この世にほんの一握りだけ。

選ばれし勇者のサインです。

何回も苦しみが与えられるようであれば「選ばれて、今この経験をさせてもらっているんだ」と前向きに考えてみてください。

修練のシーズンだと思えば、目の前にある問題に冷静に向き合うことができます。

またこの期間を過ぎた後は、最高に幸せな時期に突入していきます。

苦しみを感じた人のみが体験できる、楽園に遊びに行けます。

少しだけ力を出して、楽園のパスポートを手に入れてください。

「辛い時期」のスピリチュアル的な解釈

辛い時期の意味合いを、良い面と悪い面から見ていきます。

「辛い時期」いい意味での解釈

辛い時期は、運命の分岐点をあらわしています。

この壁を乗り越えてしまえば、あとは穏やかで優しい日々が続いています。

最高の楽しみを思いきり味わうために、神様が出してくれた小さな宿題です。

夏休みの宿題は苦しいものですが、やり遂げたあとの爽快感は何ものにも代えられないことがあります。

「苦しみ」を味わえる心があるからこそ「楽しみ」を全身で受けとめることができます。

人生の学びだと思って、軽快にこなしていってください。

「辛い時期」悪い意味での解釈

辛い時期は、明るい期間に入るための下準備です。

ただあまりに長く辛い時期がつづくと「いつ終わりになるのか」不安な心情になることがあります。

このような場合は、あなたのハートが疲れているサイン。

心が疲れているため、楽しいことを楽しいと思えていない可能性もあります。

自分なりのストレス発散を心がけながら、セルフケアに励んでいくと、しだいに辛い期間を抜け出せていきます。

自分に甘く、優しく接してあげてください。

まとめ

辛い時期のジンクスをお伝えしました。

このような期間は、魂の修行にあたります。

ぜひ神様が与えてくれた課題を、楽しく乗り越えてみてください。

その先には素晴らしい毎日が、待っています。

タイトルとURLをコピーしました