「追突される場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「追突される場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

どこかの駅や道端、あるいは会社の中で、追突されてしまうことはありませんか。

追突してくる相手は人はもちろん、さまざまな昆虫や鳥、そして自転車や車の場合もあるかもしれません。

単なる不注意と言われることもありますが、この現象はスピリチュアル的に見ると、大切な意味や解釈を導くことができます。

「追突される場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

ある日人や何かに追突されてしまったら、それは体の気やオーラと呼ばれるものが弱っていることを意味しています。

自分が空気のような存在になっていて、相手が自分に気づいてくれないために、ぶつかられやすなっているのです。

または人が意図的にぶつかってくるような場合は敵意を向けられているため、今の生き方に問題があることを示しています。

「追突される場合」のスピリチュアルメッセージ

人に追突されてしまう時は、いま通常よりずっと心身の状態が弱っているから、気をつけてというメッセージがあります。

これは偶然の追突のケースでも、意図的な追突の場合でもそうです。

「追突される場合」のスピリチュアル的な解釈

ひどい悩み事があったり、精神的にひどく落ち込んでいたり、体力が落ちていると追突されやすくなります。

十分な休息を取るようにして、美味しいものを食べて趣味を楽しむなどで、人間関係のストレスは解消していく必要があるでしょう。

「追突される場合」いい意味での解釈

人に追突されてなんともない場合は、今後も危険はあるけれど、なんとかやり過ごして生きていけることを表しています。

羽虫などに追突されてしまう程度なら、オーラの弱まりは心配いらない程度でしょう。

しかし頻繁ならば注意が必要です。

「追突される場合」悪い意味での解釈

不特定多数の人に頻繁に追突される場合、空気感がとても進行して危険なエリアに入っているかもしれません。

普段から気をつけていても人に追突されてしまうなら、気やオーラが弱いこともそうですが、この先は危険と隣合わせな状況です。

こうした場合、普段より周囲に気を配って過ごすのがよいです。

車に追突されると命に係わるので、できるだけ安全そうな位置取りをしたり、夜間は出歩くのをやめたり、相手からわかりやすい衣服を意識してみてください。

まとめ

といったふうに追突される場合には、体のオーラが弱まっていることが関係していました。

心身の疲れやストレスなどよくない状態が影響している上に、いまの生活が危険な領域に落ち込んでいる可能性があります。

きちんと対策をして、空気状態から脱していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました