「運が悪い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「運が悪い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

なんだか今日は運が悪いと感じる日は、誰にでもあるものです。

スマホやペンなど何でも色々落としたり、ピクニックをすれば食べ物を野鳥に奪われたり、タクシーに乗ったら事故で渋滞して遅刻したり。

一日になんども悪運に見舞われる日もあります。

そんな運が悪い時というのは、スピリチュアル的にどんな示唆を与えてくれているでしょうか。

「運が悪い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

人の運が悪くなるということは、幾つかの意味があります。

ポジティブな考えでは、良い方に向かう転換期がやってきていることの象徴です。

普通の環境であれば、悪いことがずっと続くことはありえず、必ず良い時期がやってきます。

逆に警告的な意味の場合もあり、それは自分自身の良いエネルギーが虚弱化していることや、ストレスを溜め過ぎたことが原因です。

あるいは邪気や邪悪な人がまとわりついている状態なこともあります。

そうすると正常な思考力や集中力も薄れて悪運を招くことになります。

また運が悪いのは、過去の悪い物を引きずっていることが原因なこともあります。

悪い気を放つ思い出の品、過去の悪い記憶などが影響しているでしょう。

「運が悪い時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたの運が悪いと感じることになったら、「人生がこれから変わる時だよ」というメッセージがあります。

さらに「エネルギーが低下して悪いものに憑かれているよ」とか「過去の悪いものを取り去ってね」とも伝えられている状況です。

「運が悪い時」のスピリチュアル的な解釈

とても運が悪くなった時に、どんな行動をするかでその後の運勢は違ったものになります。

すぐに運気を向上させたいなら、ポジティブに思考して悪いものは除外していくことが大切です。

「運が悪い時」いい意味での解釈

よく自分の物がなくなったり落ちたりする場合には、転換期が迫っているサインと言われています。

掃除することは悪運や邪気を取り除き、運気上昇に直結する行動です。

部屋はもちろん、会社のデスクなど汚い場所を掃除して良い運気をとりこんでください。

過去の嫌な思い出の品は、断捨離することが良いです。

新しいものを購入して運気を入れ替え、開運グッズを身に着けてみると良いです。

パワースポットにお出かけすれば、運が悪い状態から好転させることができます。

また運が悪い時にはマイナスな存在から離れるのが吉です。

意地悪をする人には近寄らないとか、悪い予感がするところには行かないなどを徹底してみましょう。

「運が悪い時」悪い意味での解釈

いつもストレスなことを続けていれば、運が悪い状態が定着して離れなくなります。

また運気を下げている過去の思い出を引きずり続けることも、運の悪さに繋がるものです。

ポジティブなほうに向かう努力を怠ることも、ずるずると自動的に運勢を下げることに繋がってしまうでしょう。

まとめ

いつもより運が悪い時は、人生の転換期だったり、エネルギーが低下している状態なことがわかりました。

運が悪いのに対策を取らないのは、運の悪さの継続に繋がってしまいます。

邪気を払い運気上昇をする行動を、日々繰り返してみてください。

タイトルとURLをコピーしました