「過眠症」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「過眠症」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

たっぷり寝ても眠いことがあります。

過眠症にまつわる、幸せのジンクスを見ていきましょう。

「過眠症」のスピリチュアルでの象徴や意味

いつものシーズンに比べて、睡眠時間が長いと思う日があります。

強い眠気があって、つい朝遅くまで眠ってしまいます。

スピリチュアルの世界で過眠症は「魂のリフレッシュ」をあらわしています。

よどんだ空気を洗い流し、美しいエネルギーで満たそうとしています。

眠っている間に魂が清められているので、体の流れに任せて目を閉じてみましょう。

体と心がたっぷりとお休みをして、いい循環がおこなわれます。

ハッピーなことを呼び寄せる体に大変身してみましょう。

「過眠症」のスピリチュアルメッセージ

定刻の時間になっても起きられない、過眠症になることもあります。

眠り過ぎてしまうと「人生をさぼっているのでは」と不安になってしまいますが、そこまで考えなくても大丈夫。

私たちの体は眠っている間に、色々な活動をおこなっています。

魂の中に刻まれた悪い記憶を消去したり、良いことを上書き保存したりしています。

眠っている間に魂はリフレッシュをしているので「明るい変化」と受けとめて、思うままに過ごしてみましょう。

たっぷり眠ってたっぷり休息を取れば、体は次第に元の状態にもどっていきます。

「過眠症」のスピリチュアル的な解釈

眠り過ぎてしまう時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「過眠症」いい意味での解釈

眠り過ぎてしまう時は「魂のレベルが上がる」という、恵まれたメッセージがあります。

波動が上がっていき、未知なる領域に足を踏み入れようとしています。

成功者としての第一歩を歩んでいけるので、仕事もプライベートもとても充実していきます。

あなたの進む先にはとても良い世界が待ち受けているもの。

明るい景色を思い浮かべながら、いい景色に進んでみてください。

「過眠症」悪い意味での解釈

魂が疲れてしまった時も、うとうとすることがあります。

気の合わない人と長時間一緒にいた、または重たい仕事を片付けた後に、こうなることが多いです。

休むことに罪悪感を抱かず、いい気分転換を図っていきましょう。

そのうち魂が元気になっていきます。

まとめ

過眠症にまつわる幸せのジンクスを見てきました。

つい眠ってしまう時は、リフレッシュや上昇をあらわします。

良いことが起きる前段階なので、明るく感じていきましょう。

幸せのジンクスから、明日の希望を見つけて欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました