「郵便物を盗まれる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「郵便物を盗まれる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

自宅ポストの手紙や書類を、とられてしまうこともあります。

郵便物を盗まれる時のジンクスを見ていきましょう。

「郵便物を盗まれる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

自分宛てに届いたはずの手紙が消えると、とても嫌な気分になるものです。

知らない誰かに中身を見られてしまった怖さもあり、落ちつかない気になります。

スピリチュアルの世界で郵便物を盗まれる時は「明るい便りがやってくる」という恵まれたメッセージがあります。

失われた郵便物の穴埋めをするように、とても良いニュースが舞い込んできます。

盗難被害に遭ったことを慰めるように、すべての物事があなたの味方になってくれるでしょう。

運気は上がっているので、気力を落とさず立ち向かってみてください。

「郵便物を盗まれる時」のスピリチュアルメッセージ

大切な郵便物を盗まれてしまうと、気持ちが萎えてしまいます。

悪質な嫌がらせを受けたようで、ショックも大きいものです。

ただ広い観点から見ると、今回のケースは決して「最悪なこと」では無いもの。

運気は常に巡回していて、ひとつの輪のようにかけ巡っています。

あなたの手から離れた物もあれば、あなたの手元に新しくやってくる物もあります。

そのため失った郵便物以上のプレゼントが好きな人から届いたり、頬が赤くなるようなラブレターが手元にやって来たりします。

良いことが倍返しで訪れるので、気持ちの切り替えをおこなってみましょう。

悪いことの後には、良いことが必ずやって来ます。

「郵便物を盗まれる時」のスピリチュアル的な解釈

郵便物を盗まれる時のいい解釈と、注意点を見ていきましょう。

「郵便物を盗まれる時」いい意味での解釈

小包や書類が消えてしまうのは「幸せが戻る」というラッキーな暗示です。

失いかけていた幸せが、またあなたの元にやって来ます。

喧嘩ばかりしていた家族や恋人と仲直りしたり、かつての栄光がまた味わえたりします。

昔あった良いムードがまたあなたの元にやってくる、うれしい喜びを暗示しています。

「郵便物を盗まれる時」悪い意味での解釈

何度も郵便物を盗まれてしまう時は、エネルギーが停滞しているというサイン。

疲れから注意力が散漫になっているようです。

まずは心身を癒すことを大切にしてみましょう。

シャワーだけでなく、ゆっくり湯船に浸かることもひとつの開運方法です。

まとめ

郵便物を盗まれる時のジンクスを見てきました。

手紙や荷物を盗まれた物以上に、多くの幸せがはいってきます。

いい解釈を知って、心を温めるヒントにしてください。

タイトルとURLをコピーしました