「野犬」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「野犬」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

近ごろ野犬に遭遇して、怖かったなどの出来事はありましたか。

野犬は飼い主がいない野生化した犬や、捨てられてしまったペットも含まれる存在で、群れで過ごしている場合が多いようです。

果たして野犬に遭遇することは、スピリチュアル的にどんな示唆を含むでしょうか。

「野犬」のスピリチュアルでの象徴や意味

おおくの野犬たちは、山林や河川敷などの自然や市街地などを自由に彷徨っています。

そのため良い意味では、野犬とは自由な魂を象徴しています。

しかし野犬は常に食べる物を探している状態であり、時には飢えに直面することもあるはずです。

しかも元々人に飼われていたのに捨てられるという悲劇を味わっている野犬もいるでしょう。

常に周囲は敵だらけであり、怒りや苛立ちの感情を高ぶらせて過ごしています。

つまり野犬とは不安、恐怖、緊張、危険、疑心暗鬼などの象徴にもなっている存在です。

「野犬」のスピリチュアルメッセージ

もしもあなたが野犬に遭遇するようなことがあれば、「自由に生きることを忘れないで」というメッセージです。

そして同時に「ネガティブな感情で満たさないでね」というメッセージもあるでしょう。

「野犬」のスピリチュアル的な解釈

ある日に野犬に遭遇することがあったら、その野犬がどんな行動をするかで未来の吉凶を判断できます。

ただ野犬に攻撃を加えられるような時は、色んな意味で気をつけなければいけません。

「野犬」いい意味での解釈

もし何処かで野犬に吠えられたなら、あなたに憑いていた悪い物が追い払われたかもしれません。

犬は悪いエネルギーを判断できる動物と言われていて、邪気や悪霊を払う役割があるためです。

野犬が近づいてきて何事も無ければあなたは守護されており、その野犬と波長が合っていることの現れです。

ある野犬に出会って飼いたいという思いが出た場合は、運命的に結びついていた存在かもしれません。

自由を謳歌する野鳥の群れを見るのは順調とか順風満帆の意味もあるため、野犬の群れを見た場合にも同じような意味になると解釈ができます。

「野犬」悪い意味での解釈

もし野犬に攻撃的な態度を取られてしまったら危険ですが、野犬の攻撃性はあなたの心の鏡ということができます。

そしてそれ以降にトラブルが訪れる予兆になっているかもしれません。

噛みつかれるようなことになれば、病気や怪我も心配なので治療をすると同時に、人生の問題点を見つめなければいけないでしょう。

そして野犬の死骸を見ることがあれば何か不幸の前触れのようにも思えますが、実は周囲に対して愛情を持って接してというサインになっています。

愛情を持って接しなければ、やがて野犬のように孤独な最後を迎えてしまうかもしれないからです。

まとめ

ふらふらと彷徨う野犬とは自由に過ごすことや、ネガティブに囚われないことを教えてくれる存在でした。

ちょっと野犬は怖いイメージが先行しますが、色んな示唆を与えてくれる存在だったのです。

タイトルとURLをコピーしました