「金箔を食べる」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「金箔を食べる」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

金箔とは家具や道具や建物などを絢爛豪華に見せるアイテムで、古代のエジプトや日本でも使われてきました。

現在の日本の金箔は99%が石川県の金沢で作られているのだそうです。

そんな金箔は食べられる素材であり、体に取り込むことでスピリチュアルな効果をもたらしてくれると言われています。

「金箔を食べる」のスピリチュアルでの象徴や意味

一般的に金箔とは、毒にも栄養にもならない無味無臭の素材です。

しかし仙人を夢見て修行する人々は、金丹と呼ばれる金箔を食べて修行に励んでいました。

金を食べることで、金のように不老不死の肉体を手に入れようとしたのです。

そのため金箔を食べることには、波動を高めて健康長寿のご利益があると言います。

同時に好きな食べ物に金箔をかけて食べることにより、金運が上がると信じられて来ました。

また金箔は栄養は無いとは言え金属であるため、体内の有害な磁気や電気を体外に放出するデトックス効果が高いとも言います。

「金箔を食べる」のスピリチュアルメッセージ

あなたが金箔を食べたい時のメッセージは、「魂の波動を高めて健康長寿をもたらすよ」「食べたら金運を上昇させるよ」というものです。

人生の開運や好転をしたい人はぜひ食べてみてください。

「金箔を食べる」のスピリチュアル的な解釈

金箔をいただく時には、ひと工夫することによって波動を高め金運を高めることに繋がります。

しかし金箔を食べる時には気をつけたいこともあるようです。

「金箔を食べる」いい意味での解釈

ある日の食事で少量の金箔を振りかけて食べるときには、金箔を付けた食べ物全てが金塊であると想像をして食べるようにしてみてください。

すると普通に緊迫を食べるよりも、多大なるご利益が期待できます。

またおめでたい出来事に合わせて金箔を食べるのは、運気を上げることに繋がる食べ方です。

金運で知られる神社仏閣にお参りする時も、金箔を食べて行くとご利益が高くなると言われています。

また金箔が手元にない場合でも、普通の振りかけを金箔と思い込んで食べることでもご利益があるかもしれません。

「金箔を食べる」悪い意味での解釈

家族の食卓で自分だけが金箔を付けて食べるようなことは、欲張りや我が強い状態になっていて良くないことです。

また頻繁に金箔の料理を食べることも、金満主義に繋がり波動を低下させます。

金箔を食べるのは稀なことにするのが吉です。

まとめ

人が金箔を食べるということは、波動を高めて健康になり、金運が上がることに繋がっていました。

食べる時には金塊を想像したり、おめでたいことに関連付けるとご利益は強まるようです。

たまには金箔を振りかけた料理で、開運を目指してみてください。

タイトルとURLをコピーしました