「銀色の龍」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「銀色の龍」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

何処かで銀色の龍を見たことがありますか?銀の龍の神話は見当たらないですが、各地の神社には銀の龍が祀られていたりします。

また銀の龍の芸術やアート作品も多々存在し、人々は銀の龍を追い求めることがあるはず。

果たして銀色の龍と縁があることは、スピリチュアル的にはどういった意味があるかに迫ります。

「銀色の龍」のスピリチュアルでの象徴や意味

龍や龍神とは、宇宙のエネルギーの流れを象徴する超常的な存在です。

その力は地球では絶大であり、天候を操って雨を降らしたり、噴火や地震や竜巻など、大地の変動を起こすと言われています。

そんな龍を拝んで味方に付ければ、健康や金運を高め成功や勝利に導くとして、日本でも古代から信仰を集めてきました。

銀色とは知性、冷静、純粋、精神などを象徴するものですが、銀色の龍についてもそれと同じような特徴を持つとされています。

銀色の龍は賢い頭脳の持ち主であり、器用で何でもこなす万能タイプの龍です。

銀色の龍は知的で真面目に取り組む人の守護となりやすく、静かに見守ってくれる存在だとのことです。

「銀色の龍」のスピリチュアルメッセージ

もし銀色の龍が気になっている場合は、「接することで守護となり人生が良い方に進むよ」とか「あらゆることに成功をもたらすよ」というメッセージです。

人生を好転させたいなら、銀色の龍にすがってみてください。

「銀色の龍」のスピリチュアル的な解釈

これから銀色の龍に係わる色々なことを試してみることで、その御利益を得られるでしょう。

その方法は多岐にわたっているので、自分にぴったりな方法を探しだす必要があります。

「銀色の龍」いい意味での解釈

身近なところで銀色の龍を祀っている神社に、参拝してみればその御利益をいただけます。

例えば関東では神奈川の箱根の九頭龍神社、東京の荏原(えばら)神社などが有名です。

もし一度銀色の龍に魅了されたら、銀の龍の置物を手に入れてみてください。

それを部屋に置くことでパワーを得られ、波動を高めることにつながります。

銀色の龍の絵や写真でも効果があるので、部屋に飾ったりスマホの待受画面に設定してみるのも良いでしょう。

銀色の龍をモチーフにしたお守りなどがあったら、それを手に入れることでもご利益を高めることになります。

「銀色の龍」悪い意味での解釈

銀色の龍が嫌がることをしては、そのご神徳を得られなくなるかもしれません。

それは知性や純粋に頑張ることをやめてしまうような状態です。

そしてもし銀色の龍の置物を手に入れたなら、それをホコリまみれにしては運気低下を招いてしまいます。

かならず掃除をしてきれいな状態を保つようにしましょう。

まとめ

ある日あなたが銀色の龍のことが気になるのは、守護として付いて人生が良い方に向かったり、成功がもたらされることのメッセージでした。

一度銀色の龍が気になったら、それに係わるあらゆることを試してみてください。

真面目に知的に取り組む人には、きっと願いが叶えられます。

タイトルとURLをコピーしました