「長生きする金魚」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「長生きする金魚」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

世界の観賞魚の代表格と言ったら、様々な種類がいる金魚です。

古代にフナから様々な見た目に変化させた観賞魚ですが、通常の金魚は10年から15年も生きるのでとても長生きです。

過去には43年も生きて、ギネスブックに登録された金魚もいたとのこと。

そんな長生きする金魚は、スピリチュアルな意味でも飼い主によい影響を与えるものでした。

「長生きする金魚」のスピリチュアルでの象徴や意味

中国では古代より、金魚は金運をもたらす観賞魚として人気がありました。

日本でも江戸時代から、金運をもたらす小金魚として普及した魚です。

また金魚は癒やしと浄化の力もあって、産卵数が多いために子宝をもたらす存在としても知られています。

金魚の個体によっては、犬や猫よりも長生きするものです。

寿命が長くなるほど人の伴侶のような存在になって、飼い主にその幸運を与える役目を長く果たしてくれることになります。

金魚を長生きさせるためには、飼い主の根気と知識と資質が問われることになるでしょう。

「長生きする金魚」のスピリチュアルメッセージ

もし飼育している金魚の寿命が長くなっていると感じるなら、「ずっとあなたに幸福をもたらすよ」というメッセージです。

これから飼育して長生きさせたいと思うなら、「これから運気が上昇するよ」というメッセージになります。

「長生きする金魚」のスピリチュアル的な解釈

確実に金魚を10年以上も生かすのなら、必要な条件を全て満たして行くことが必要になります。

間違った対処をすると長寿に導くことができないので、気をつけてください。

「長生きする金魚」いい意味での解釈

まず金魚は長寿になりやすい種類を選ぶのが重要です。

和金、琉金、朱文金などを選んだら、長生きの個体を引き当てることがあります。

そして金魚にとって、生きやすい環境を作ることが大切です。

水換えと掃除は1~2周間に1度は行って、水の濁りがないようにする必要があります。

汚れや濁りがなく適度にバクテリアがいる水に生きる金魚ほど健康的で長生きになり、いっしょにいる人間に良い波動と運気を送ってくれるものです。

飼育環境は適度に光が当たるようにし、水温も常温を維持して、ストレスがないよう心がけてください。

「長生きする金魚」悪い意味での解釈

間違って比較的に寿命が短い金魚を選んでしまうと、5年も飼育することができないでしょう。

出目金や水泡眼など特殊なものは、平均寿命が短めと言われています。

また水換えや掃除を怠ることは、金魚を不健康にしてしまいあっさり死なせてしまう理由です。

掃除をしない面倒くさがりタイプは金魚を飼育するには向いていなくて、金魚パワーを長く得にくいのかもしれません。

まとめ

時に長生きになる金魚とは、飼い主にずっと幸福をもたらしてくれる存在でした。

長生きさせるには種類選びと環境づくりが大切です。

金魚を飼育するなら、10年以上も元気に生かすことを目標にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました