「長生きの犬」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「長生きの犬」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

この記事では「長生きの犬」の持つスピリチュアル的な意味、解釈などを詳しく解説していきます。

「長生きの犬」のスピリチュアルでの象徴や意味

犬を飼っている方は多いでしょう。

そして、その犬にはスピリチュアル的なものがあるのをご存知でしょうか?特に可愛がられ、長生きをした犬には、特別な力が宿ると言われています。

では一体どういったメッセージを発するのか、具体的に見ていきましょう。

「長生きの犬」のスピリチュアルメッセージ

基本的に長生きをしている犬は現世とあの世を行ったり来たりしているそうです。

そして、その狭間に座り、亡くなりそうになっている廻りの人たちを、現世に繋ぎとめる役割をしているとのことです。

例えば、とある場所で、犬に近づいたら、異常な吠え方をされたなどということが無いでしょうか?それは、あなたがこの現世に留まるよう、それ以上先へは行かせないという合図なのです。

「長生きの犬」のスピリチュアル的な解釈

長生きをすることにより、神様がそれらに役割を与えるそうです。

もちろんその犬たちに会ったやり方での方法を伝授されます。

例えば普段とにかく吠える犬に対しては、あの世とこの世の境目で、現世にとどめておきたいもの達にそれ以上進むなという意味で吠えます。

他にも散歩中に動かなくなってしまったりなど、そういった困ったと思えるような行為にも、意味が込められていることがあるのです。

「長生きの犬」いい意味での解釈

もちろん、飼っている犬が長生きをしてくれているということは、それだけそのものを大切にしているからでしょう。

常日頃から、散歩に連れていき、何かあれば病院へ連れて行って治療を行い、また定期的な健康診断やトリミングなど。

あなたの努力によって、長生きをしているのでしょう。

そうしたもの達は、何らかの形であなたを大切に思っています。

なので、きっとあの世とこの世の狭間で、あなたが少しでも健康で長生きをしてくれるよう見守っているはずです。

「長生きの犬」悪い意味での解釈

自分が孤独になることを恐れ、ただ甘やかしたい、自分のそばにいて欲しいと、何でも叶えてしまうと、その場にふんぞり返って、少しでもその矜持にあずかろうと長生きしてしまっているかもしれません。

そうならないために、自分を引き締め、そのものにも毅然とした態度を示すことも重要でしょう。

まとめ

同じ時を過ごす犬には少しでも長生きして欲しいですよね。

だからと言って甘やかしてばかりでは、犬も成人病になってしまいます。

自分の健康・犬の健康を考え、毎日を楽しく明るく過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました