「間食」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「間食」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

どうしても止められない習慣と言えば、間食を挙げる人も多いです。

間食とは3食の間に行う食事のことで、3時のおやつや夜食と呼ばれたりもします。

間食しすぎは肥満や生活習慣病にも直結するとは言え、美味しいおやつはどうしても止められません。

そんな間食にも、実はスピリチュアルな意味が存在しているようです。

「間食」のスピリチュアルでの象徴や意味

間食をよくする人は、精神や肉体の疲労が溜まりすぎ、心のエネルギー不足に陥っていることを意味します。

人間関係で悩み、思い通りにならない苛立ちがあり、愛情を受けられないことがストレスになって、食欲に逃げ道を見つけているようです。

つまり間食が止められないのは、心が弱っていることの現れです。

意思が強ければ絶対間食しないという目標をクリアできますが、心が弱っているとどうしても間食をしてしまうことになります。

そして日々間食をし過ぎの人は食事の調節機能が壊れていることを意味し、健康状態を悪化させ、極端に波動を低下させて良くない流れに陥ってしまうでしょう。

また悪い霊に取り憑かれて間食を含む食事量が増えるといったケースもあるようです。

「間食」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが間食を止められないなら、「休んでストレスを解消して」とか「食事以外で心を満たして」というメッセージです。

間食し過ぎなら「根本的に生き方を見直して」というメッセージになっています。

「間食」のスピリチュアル的な解釈

どんな間食内容にするか、どうやって間食を減らすかは、今後の健康的な暮らしをする上ではとても重要です。

そして過剰な間食をしている人は、いますぐ止めなければいけない理由が存在します。

「間食」いい意味での解釈

間食したくなった時の食事内容を、徹底的に検討するのはおすすめです。

波動が高いと言われて太ることを木にしなくて良い食べ物を間食に選ぶことで、心のエネルギー補充ができて健康的に過ごせるでしょう。

例えばビタミンが多い柑橘類やリンゴ、コレステロールを低下させるナッツ類、などは、とても良い効果があるので間食に選んでみるべきです。

間食が多い人はとにかくリラックスし、十分な睡眠をとってストレス解消をすることが、間食量を減らすことに繋がります。

何か精神を集中して取り組めるものが見つかると、間食に興味がなくなることがあります。

お絵描きやDIYやトレーニングなど、色んなことをやって見つけ出してみてください。

「間食」悪い意味での解釈

過剰な間食をすることは糖質や炭水化物の過剰摂取によって、肥満や生活習慣病を発症することに繋がってしまいます。

そうすると人間本来の波動も運気も低下してしまい、あらゆる面でネガティブな影響があるので気を付けてください。

そして糖質が多いなど間違った間食を繰り返すことも、同じように悪影響を受けてしまいます。

まとめ

間食を止められないのは、ストレス解消をしたり心を満たすべきというメッセージでした。

間食には悩まされますが、間食は悪いことではありません。

内容を見直したり別のことに夢中になって、悩みから開放されてください。

タイトルとURLをコピーしました