「関わると不幸になる人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「関わると不幸になる人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

一緒に行動していると、嫌な思いをする人がいます。

関わると不幸になる人のジンクスを見ていきましょう。

「関わると不幸になる人」のスピリチュアルでの象徴や意味

親しくなるにつれて、交わりを避けたくなる人もいます。

会う度にどっと疲れてしまい、顔を見るのも嫌になります。

スピリチュアルの世界で関わると不幸になる人は、幸せな人のエネルギーを奪ってしまう人です。

自分のことしか考えていないので、なりふり構わず強引に迫ってくることがあります。

与える力よりも圧倒的に奪う力の方が強いので、一緒に行動をしていると、相手にマイナスの気持ちを植え付けてしまいます。

またエネルギーのグループが異なっていたり、反発し合う関係にあったりすると、何もしていなくても疲れてしまうことがあります。

「気が合わない」と思ったらそっと離れて、被害を最小限にしていきましょう。

あなたを守れるのは、あなた自身です。

「関わると不幸になる人」のスピリチュアルメッセージ

縁を切りたいと思ってしまう、関わると不幸になる人もいます。

身に覚えのない悪口を投げつけてきたり、悪質な嫌がらせをしてきたりする日もあります。

一緒にいると嫌な気持ちになる人は、エネルギーの反発を生んでしまう人です。

調和ができないので、一方的に元気を吸い取られてしまい、やつれてしまいます。

このような人に出会ったら「うまく付き合っていくことが難しい相手」と割り切って、さっと身を引いていきましょう。

もし仕事相手など避けるのが難しい相手であれば、最低限のやり取りだけに済ませて、プライベートに立ち入らないようにします。

大切なのは、あなたの心。

自分の人生を守ることを、優先して考えていきましょう。

「関わると不幸になる人」のスピリチュアル的な解釈

付き合っていると不幸になる人のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「関わると不幸になる人」いい意味での解釈

今後の付き合いに不安を感じる人もいます。

ただスピリチュアルの観点でこうした出会いは、一概に悪いものとは言い切れないもの。

馬が合わない人がいるからこそ、本当に気の合う人、響き合える人を見つけることがあります。

光を探し当てるための、影の存在だと思い、割り切って付き合っていきましょう。

「関わると不幸になる人」悪い意味での解釈

一緒にいて疲れる人なのに、惰性で付き合ってしまうことがあります。

嫌な役を押し付けられるなど、辛い思いをすることもあるかもしれません。

こうした付き合いを続けていると、あなたらしさが失われてしまうこともあります。

虐げられていると思ったら、心を鬼にして離れる決断をしてみましょう。

いい人の仮面をぬぎ捨てて、力強く行動していけばあなたの運気も上がっていきます。

まとめ

関わると不幸になる人のジンクスを見てきました。

このような人は、波長が合わない人を指します。

一方的にエネルギーを奪われてしまうので、脱力感を感じます。

無理にやろうとせず、自分を大切にお付き合いしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました