PR

「雛祭り」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「雛祭り」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

古くから、女の子の健やかな成長と幸せを願う行事として親しまれてきた雛祭り。

では、雛祭りには、どのようなスピリチュアル的な意味があるのでしょうか。

ここでは、雛祭りのスピリチュアル的な意味や解釈について詳しく解説していきます。

「雛祭り」のスピリチュアルでの象徴や意味

雛祭りといえば女の子のための行事というイメージを持つ人が多いでしょう。

しかし、3月3日は別名で上巳の節句と呼ばれ、邪気を払うのに適した日だともされています。

スピリチュアル的な観点から見ると、雛祭りには「浄化のパワー」という意味があります。

「雛祭り」のスピリチュアルメッセージ

雛祭りが持つスピリチュアルメッセージは「体内に溜まったマイナスエネルギーを浄化する日である」というものです。

日本における雛祭り始まりは、形代と呼ばれる人の形をした紙で身体を撫でて、その紙を川に流し厄払いするというものでした。

つまり、雛祭りとはもともと浄化のための節句だったというわけです。

「雛祭り」のスピリチュアル的な解釈

スピリチュアル的に見ると、雛祭りは、体内に溜まったマイナスエネルギーを浄化しやすい日だという解釈ができます。

女性はもちろん、どんな人でも浄化に適した行動を取ることで効果が得られやすくなります。

「雛祭り」いい意味での解釈

いくつかのポイントを押さえて過ごせば、雛祭りの日には効果的に心身を浄化することができます。

具体的には、お雛さまを飾ること、家の中や身のまわりを掃除すること、ちらし寿司・蛤のお吸い物・ひなあられ・菱餅・桃など雛祭りにちなんだものを食べること、お風呂にゆっくりつかることなどがあげられます。

お雛様を持っていない人は、折り紙などで作成するのもおすすめです。

浄化されてすっきりした体内には、自然に良い運気が運ばれてくるでしょう。

「雛祭り」悪い意味での解釈

雛祭りに特に悪い意味はありません。

いくつかの開運ポイントをあげましたが、すべてできなくても問題ありません。

心と身体からマイナスエネルギーを浄化する日だと捉え、自分にとって心地よい行動を選択するとよいでしょう。

まとめ

雛祭りには「体内に溜まったマイナスエネルギーを浄化する日である」という意味があります。

女の子の成長を願うのはもちろん、どんな人にとっても浄化に適した日だと覚えておくとよいでしょう。

自分なりの方法で浄化を進めて心と身体をすっきりさせれば、きっと幸運を呼びこみやすくなるはずです。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする