「離婚家系」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「離婚家系」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ひょっとしてあなたは、自分自身が離婚家系であることに気づいていますか?離婚家系というのは先祖から現在に至るまで、離婚を繰り返している家系のことを言います。

離婚というトラブルを先祖から繰り返すだなんて異常な感じもしますが、世間では珍しいことでもありません。

ではスピリチュアル的に見て、離婚家系な場合はいったいどんな解釈が出てくるのかは、興味が出てくるところです。

「離婚家系」のスピリチュアルでの象徴や意味

曽祖父や祖父から代々離婚が続いていることは、家系の中で夫婦の仲違いの発生が定着してしまっていることを意味しています。

現実的な視点だと、子供は両親の夫婦仲が悪い状態を見て育つので、それが影響して子の世代でも親と同じトラブルを起こして離婚の道を踏襲するような感じです。

一方でスピリチュアル的に言うと、離婚家系は先祖代々の呪いのようなものを含んでおり、先祖の解消されなかった悪い行いや恨みや離婚癖がツケとなって、すべて子孫にのし掛かっていることを意味します。

そのためこの離婚家系という悪い因縁を解消することは、なかなか難しいとも言われているのです。

「離婚家系」のスピリチュアルメッセージ

もしあなた自身が離婚家系であると強く自覚して危機感を覚えたなら、「先祖からの悪い因縁を引き継いでしまうかもしれないよ」というメッセージを受け取った形です。

そして「あなたの努力によって悪い因縁を断ち切ってね」とも伝えられているでしょう。

「離婚家系」のスピリチュアル的な解釈

仮に離婚家系であることを知らないでいると、離婚率は確実に高くなってしまいます。

もしその事実をきちんと把握すれば、回避することもできるかもしれません。

しかし離婚家系な問題を放置した場合は、ネガティブな方に行きやすいと言われています。

「離婚家系」いい意味での解釈

もし自分たちが離婚家系の夫婦なことを真剣に考えたら、仲が悪化してしまったとしても離婚だけは回避できるかもしれません。

そうすると離婚家系の因縁を切ることに繋がって、子供や孫の世代で離婚しにくい運命に変えることができると言われています。

「離婚家系」悪い意味での解釈

もしあなたが離婚家系に属するのに放置していると、夫婦円満だとしても離婚を考え出してしまう恐れがあります。

それは先祖代々の因縁が発動したことを意味していて、悪いところばかり見えたり、ちょっとしたすれ違いが離婚に繋がってしまうからです。

また先祖の中に愛欲の問題を起こした人がいる場合には、結婚しても夫婦関係は終わりやすくなります。

例えば先祖が性的に乱れていたり、離婚再婚を幾度も繰り返していたり、愛人の子供まで作っていたりすると、孫の代に至ってもまで先祖の因縁がつきまとうでしょう。

まとめ

自分自身が離婚家系なことを自覚することは、危機的状況を回避しないといけないというメッセージでした。

離婚とは夫婦同士の行いだけが影響するとおもいきや、先祖からの呪いが関わるなんて怖すぎます。

しかし離婚家系について夫婦で真剣に向き合ったら、回避に繋がるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました