PR

「難聴」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「難聴」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

これまでに難聴を患った経験はありましたか?何度も聞き返したり聞こえにくくなる難聴には突発性や慢性のものが存在し、耳の内部に障害が発生することで起きます。

若い人は薬で治るケースが多いですが、高齢になるほど治りにくく別の問題も発生させるものです。

そうした難聴というのは、スピリチュアル的にも重大な示唆を与えてくれるものになります。

「難聴」のスピリチュアルでの象徴や意味

日々怒りや苛立ちの気持ちや疲労が強くてストレスが溜まった人は、気力が低下し突発性難聴に陥りやすいです。

妊娠や出産を経験する若い女性を始めとし、若い世代でも軽度難聴は起こることがあります。

高齢者の半数は、軽度から重度までの難聴を患っている状況です。

難聴に陥ることは本来の音が聞こえなくなり、自然な行動からかけ離れることを意味しているでしょう。

スピリチュアル的に言えば耳は天の声や恩恵を受け取る器官です。

難聴になればその恩恵を受けられなくなって、魂の波動が大きく低下してしまいます。

そのため音が聞こえなくなるぶん、運勢も大きく低下している状態です。

「難聴」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが難聴になったら、「運気が低下しているので引き上げて」「このままでは悪いほうに行ってしまうよ」というメッセージです。

その忠告を受けて、行動に移す必要があります。

「難聴」のスピリチュアル的な解釈

ある日難聴に陥ったならば、必要な対策を講じることで運気上昇に繋がり、改善に繋がるでしょう。

しかし難聴の状態を放置すると、大変なことになってしまいますよ。

「難聴」いい意味での解釈

例えば耳の機能に欠かせないビタミンB12や亜鉛を摂取したり、お風呂で血流を上げたり、睡眠や運動をじゅうぶんこなすことは大切です。

それによって難聴が治らなくても、波動を高めて日々の心身の健康を保つことにも繋がるからです。

難聴になったら蜂の子を食べると良いと言われています。

ブンブン飛ぶ蜂は神の使いと言われてエネルギーが高い昆虫で、人間に幸福をもたらす存在です。

蜂の子には耳に効く栄養素が含まれているので、時々取り込んでみてください。

また高度難聴にかかったら補聴器を利用すると共に、常に五感からの刺激を脳に与え、正常な生命エネルギーを維持していくことも重要です。

「難聴」悪い意味での解釈

もし難聴になった状態を放置していると、身体の気力も機能も低下して、日々認知症に近づいてしまいます。

高齢者の難聴の場合には急速に認知症が進みますが、これは音の刺激を受けなくなることで本来の力の消失を招いてしまうことの現れです。

まとめ

誰でもなりうる難聴とは、運気低下を招いて悪いほうに向かうことのサインでした。

軽度難聴なら治ることも多いですが、中高年になるほど治りにくいものです。

難聴になったら日々語感の刺激を重視して、ボケを防いで行きたいですね。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする