「雨のお墓参り」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「雨のお墓参り」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

お盆のお墓参りがちょうど雨だったなんて経験は、これまでにありましたか?雨のお墓参りというのは、傘をさして行動したり足元が悪かったりで面倒な印象が多くなります。

ではスピリチュアル的に言って雨のお墓参りとは、訪れる人に何をもたらす行動なのかを探ってみることにしましょう。

「雨のお墓参り」のスピリチュアルでの象徴や意味

むかしは雨のお墓参りは、縁起が悪い行動だと言われていました。

それはお祭りなどの縁起がよい日をハレの日と定めて、雨の日を穢れの日としたからです。

また雨は足元が悪くて怪我をしやすく、びしょぬれになれば風邪をひくなど、運勢が低下するから墓参りは良くないと言われていました。

雨の日のお墓は幽霊が出ると信じられたのも、お墓参りが拒まれていた理由です。

逆に雨のお墓参りは、ご先祖の歓迎のサインだったり、雨でお墓も心も浄化されるという言い伝えもありました。

そのため絶対に良くないと、決めつけることもできません。

「雨のお墓参り」のスピリチュアルメッセージ

もしお墓参りに行く日が雨の日であってもポジティブな気持ちであれば「ご先祖さまが歓迎しているよ」というメッセージです。

ネガティブな気持ちであれば「悪い出来事に気を付けて」とのメッセージがあります。

「雨のお墓参り」のスピリチュアル的な解釈

訪れる人がどう感じ取るかによって、雨の日のお墓参りは良くも悪くも変わるものです。

特にネガティブな思いが強い場合には、訪れる時には警戒心を高めておいたほうが良いでしょう。

「雨のお墓参り」いい意味での解釈

自分の中で雨の日のお墓参りをポジティブに感じるなら、たとえ雨であっても訪れてみるのが良いです。

雨の日のお墓参りでもお墓の掃除をして花や水を供えることで、先祖霊から歓迎されることには違いありません。

雨の日だけど急にお墓参りがしたくなった場合は、先祖に呼ばれていたり導かれているのかもしれません。

その場合はたとえ雨天であっても訪れるほうのが吉となるでしょう。

「雨のお墓参り」悪い意味での解釈

なにか雨の日のお墓参りに嫌な予感がするのであれば、それはお墓を訪れないほうが言いかもしれません。

ひょっとしたらご先祖さまが、トラブルの発生を教えてくれていると解釈ができます。

無理に訪れると事故や怪我や風邪などに直面したり、幽霊に出くわすなどの悪運を呼び込むことにもなるかもしれません。

まとめ

誰もが経験しがちな雨のお墓参りとは、人の感じ方で良くも悪くもなるものでした。

ただし晴れか雨かを気にせず、お墓参りを実施しても構わないことです。

その時の自分の気持ちに従って、判断してみてください。

タイトルとURLをコピーしました