「雷」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「雷」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

ピカッとしてドーンと轟く雷は、昔から人々を恐れさせる自然現象でした。

雷が鳴り響くと一瞬思考が停止してしまうし、自宅に落ちたりしないかとドキドキさせられてしまうものです。

そんな怖い雷ですが、スピリチュアル的に重要なサインになっていることがあるのは間違いありません。

「雷」のスピリチュアルでの象徴や意味

科学的な視点で言えば、雷とは雷雲から発せられる放電現象です。

日本でむかしから雷といいますが、その語源は「神鳴り」で神さまの出す音の意味がありました。

神という漢字も「雷(申)が示される」ことである通り、漢字発祥の古代中国でも雷は神さまによるとの認識でした。

激しく響く雷とは天罰の象徴でもあり、また覚醒や変革が起きることの象徴です。

また雷が鳴り響いた場所は神により浄化されたり、稲の豊作をもたらすとして、信仰の対象ともなっていました。

雷の別名が稲妻なのはそのためだと言われます。

「雷」のスピリチュアルメッセージ

ある日に雷光や雷鳴を体験した時の神さまからのメッセージは、「いったん行動を止めて見直してね」というものです。

雷が轟くと一瞬人の思考や行動が停止するのもそのためで、停止によって周囲に悪いものに気づくことにもなります。

「雷」のスピリチュアル的な解釈

あなたが体験する雷の状況によって、神さまからのお告げは違ったものになります。

雷の指し示す意味をきちんと解釈することで、悪い意味であっても自分の変革につながっていくでしょう。

「雷」いい意味での解釈

光は見えないけど雷の音だけが聞こえている場合、神さまから見守られているとの解釈ができます。

雷鳴が聞こえるたび、浄化が進められていると認識をするように心がけてみてください。

もし近くに落雷があったなら、物事のやり直しをすべきことが示されています。

いま上手くいかないことがあるならば一度ピタッと止め、最初からやり直すことで上手くいくこともあるかもしれません。

「雷」悪い意味での解釈

稀に雷近くに落ちることで、通信機器が壊れてしまうことが稀にあります。

スマホやPCとは人と連絡を取るための道具なので、それが壊れるということは人との関係をやり直したほうがいいことの現れ。

すぐに対人関係のトラブルに対処することで、良い結果をもたらします。

雷に豪雨が伴っていることもありますが、すると河川の氾濫や土砂崩れなどで日常が一変することもあります。

実はそれは自然をもっと大切にしなさいという、神さまからのお告げであるでしょう。

周囲の自然環境に目を向けて、問題点を洗い出して改善につなげてみてください。

まとめ

ドキッとさせられる雷とは、実はいったん行動を止めて見直すべきだという神さまのメッセージでした。

雷は世界を浄化し変革が起きる前触れでああるので、いまネガティブな人生を過ごす人なら前向きに捉えて行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました