PR

「霊柩車」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「霊柩車」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

近ごろ霊柩車を目撃する回数が、増えていたりしませんか。

人は誰でも死にゆくのが当たり前で、死者を弔うための霊柩車が走ることも日常の一コマです。

しかしむかしから霊柩車は縁起が悪いと言って、毛嫌いする人もいました。

ではスピリチュアル的に霊柩車とはどんな影響を人に与えるものなのか、考察してみる必要がありそうです。

「霊柩車」のスピリチュアルでの象徴や意味

霊柩車の発祥はイギリスだと言いますが、日本では昔から唐破風の輿や棺車に遺体を乗せて運んでいました。

地味なタイプでも宮型でも、霊柩車とは死者を葬送するための車です。

そのため霊柩車とは死や悲しみの象徴であり、運気低下や不幸を招く不吉な存在と考える人もいます。

そんなふうに霊柩車を見ると縁起が悪いというのは、古来より続く仏教や神道で、死者が穢れた存在と考えられていたことが影響するようです。

しかし霊柩車という人生で最悪な乗り物を目撃することは、逆に縁起が良いことだという考えかたもあります。

「霊柩車」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが霊柩車に遭遇してネガティブに感じたら、「良くないことを引き寄せてしまうよ」というメッセージです。

逆に霊柩車を見てポジティブに思うなら「いつもより運気は高まっているよ」というメッセージになります。

「霊柩車」のスピリチュアル的な解釈

どこかで霊柩車を見かけた場合には、それをどう捉えるかによって運気は違ってくるでしょう。

気をつけたいのは霊柩車にまつわる迷信を、完全に信じ込んでしまうタイプの人です。

「霊柩車」いい意味での解釈

霊柩車を見ても常に悪く思わず、すれ違ったら良いことが起きたと考えていくことで、実際にラッキーなことを招くことができます。

1日に何台もの霊柩車を見た場合にも、最悪な場面を何度も見たからますます縁起が良いと思うことによって、運気の上昇に繋がるはずです。

宮型霊柩車は近年は国内では見かけなくなってきましたが、宮型は神さまの鎮座する神社を模したものです。

そのため考え方を変えれば、決して悪い存在ではないことに気づくことでしょう。

「霊柩車」悪い意味での解釈

むかしから霊柩車を見た場合、親指を隠さないと不幸になるとの迷信がありました。

この不幸とは死者の魂が親指から入り込むとか、親が早死する、親の死に目に会えないなどというものです。

実際のところ、信じなければ不幸になりません。

しかし本気で信じている人が親指を隠すのを忘れたら、実際に不幸なことを引き寄せてしまうかもしれません。

まとめ

街で霊柩車を見かけることは、要するに見る人次第で良くも悪くもなるということでした。

霊柩車を見たら不吉と思うか、逆に幸福を招くと思うかはあなた次第です。

今後はラッキーを引き寄せるために、霊柩車に対する想いを改めてみるのも良さそうですね。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする