「靴が壊れる場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「靴が壊れる場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつも履いている靴が、ある日壊れてしまうことは稀にあることです。

特に毎日のように酷使しているような靴なら、数年でヒールが壊れたり、中敷きがボロボロになったり。

そんなふうに靴が壊れてしまう場合、スピリチュアル的にどんな意味があるのかと気になります。

「靴が壊れる場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

どんな種類の靴であっても、それは履く人の行動を象徴している道具です。

屋外を移動する時には欠かすことができず、人間と一心同体になっています。

靴が壊れるということは、履いている人に変化が起きる前触れというのが通説です。

靴が壊れると靴を新調するので、新たな世界が切り開かれることが示されています。

「靴が壊れる場合」のスピリチュアルメッセージ

もしも愛用の靴が壊れてしまった時のスピリチュアルなメッセージは、「新しい領域に踏み込んでみて」「生活がガラリと変えられるよ」というものです。

新たに選びだした靴を履いたら、これまでとは違う方に行ってみることで人生をポジティブに変化できる可能性があります。

「靴が壊れる場合」のスピリチュアル的な解釈

人生がうまくいかないなあと普段から感じていたり、いつも内気で引っ込み思案になりがちではないですか?

そんなネガティブ思考な人のほうが、靴が壊れた後の変化は大きくなると言われています。

「靴が壊れる場合」いい意味での解釈

いつも同じような生活をしていて、悶々としている人の靴が壊れてしまったとします。

そんな時には靴を新調し、思い切っていつもと違う方に歩みだしてみてください。

違うお店に行ってみたり、普段は徒歩だけど自転車に乗って遠くに行くだけでも人生を変える要素になります。

仕事や恋愛や日常で、きちんと思い通りの行動ができていない人の靴が壊れてしまうことがあります。

その場合も自分の意見をきちんと伝えてみると、意外と上手くいったりするものです。

もし買った靴がすぐに壊れた場合、今の方向性が間違っていることが示されているでしょう。

「靴が壊れる場合」悪い意味での解釈

壊れた靴を放置して履いていると、怪我をしやすくなるのは勿論ですが、よくない運気を呼び込むことにもなります。

壊れたら新しく買い替えるか、修理に出すことが大切です。

まとめ

愛用の靴が壊れてしまったら、それは新しい領域に向かってみるべきというメッセージでした。

特にネガティブ思考な方には、よい切っ掛けとなるはずです。

新品の靴を履いて、新しい領域に一歩を踏み込んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました