PR

「靴が欲しくなる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「靴が欲しくなる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

自分の靴を見た時、あるいは靴の写真を見た時、何だか靴が欲しくなることがありませんか。

古くて壊れたような靴は足元が不安になるし、見た目からも悪いので、新しいものに変えたくなるのは当然です。

では靴が欲しくなる時は、スピリチュアル的に何を現すかも探ってみることにしましょう。

「靴が欲しくなる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

日常で履く靴とは人生を前に進めることの象徴であり、足を保護して歩行をサポートする役割を持つ道具です。

そのため良い靴や新しい靴を履くことは運勢を良い状態に導き、履く人を良い場所や新たな場所に連れて行くとか、総合的な運勢を向上させると信じられています。

そんな新しい靴が欲しくなってしまう場合は、あなたに人生の転機やステージアップが来ている状態です。

しかもいま使っている古い靴は、波動や運気が低下していることの現れにもなっているでしょう。

「靴が欲しくなる時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが新しい靴が欲しいなと思うことになれば、「新調すれば幸福な方に向かうことができるよ」「現在の運勢やエネルギーが停滞しているので改善すべきだよ」などのメッセージです。

その機会を逃さないことで、人生を好転させることができます。

「靴が欲しくなる時」のスピリチュアル的な解釈

もし靴を買いたいという欲求が出たなら、正しい選び方をすることで、ますます波動や運気を良い状態に向かわせます。

しかし間違った靴を手に入れることもあるので、絶対に気をつけなければいけません。

「靴が欲しくなる時」いい意味での解釈

一般的には靴交換の目安は3年と言われますが、欲しくなった時や靴が傷んだり古くなったなと感じた時、すぐに交換するのがベストです。

また自分好みのデザインでぴったりなサイズの靴を求めることにより、最高の状態で人生を進むことになると解釈ができます。

風水では靴の色が違うと、もたらされる幸運も違うことになるので、一番好きな色を選んでみるのが良いです。

例えば白い靴は浄化や金運アップ、銀の靴は不動産運や能力の向上、黄色の靴は金運上昇、紫の靴は心の安定、黒い靴は厄除けに効果があると言われています。

そして古くなって履かない靴は邪気を溜め込む性質があるため、自宅に置かずに処分することが良いです。

「靴が欲しくなる時」悪い意味での解釈

たとえ中古の靴が気に入ったとしても、それを買い求めることはおすすめしません。

何故なら中古の品とは過去の運気や邪気を保持したものであり、以前の所有者が悪運の持ち主であった場合、それを引き受けてしまうからです。

またサイズが合わない靴や何か気に入らない靴を履くことは、人生を悪い方に向かせることになるかもしれません。

まとめ

ある時に新しい靴が欲しくなった場合、幸福な方に行けることや、現状の停滞の改善が示されていました。

お気に入りの靴を見つけて履くということが、何よりも重要です。

欲しくなったら靴屋さんに出かけて、これだと思う一足を探してみてください。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする