「靴下に穴が開く場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「靴下に穴が開く場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

不意に靴下を見ると、穴が開いていることがありますよね。

これは普通に考えると、長く履いているから生地が劣化したとか、爪で穴が開いたのかと思ってしまいます。

もったいないからと履き続けたいですが、しかしスピリチュアルな視点で見ていくと、靴下に穴が開くのはちょっと気がかりな意味を含んでいるようです。

「靴下に穴が開く場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

風水では足元は金運に影響すると言われますが、それは地面の土の中に黄金が埋蔵されていると解釈がされるためです。

そのため足元が乱れていることは金運を低下させることを意味しています。

靴も靴下も、穴が悪ということはお金が逃げていくことに繋がり、不幸を招くことになるのです。

また足の指先は体内の毒を排出する器官があり、これが影響して靴下を劣化させていきます。

あまりに靴下に穴が開く頻度が高いなら、もしかすると体内に毒が溜まっているサインなのかもしれませんよ。

「靴下に穴が開く場合」のスピリチュアルメッセージ

履いている靴下に穴が開いているのを見つけたときのメッセージは、「いま金運が低下しているよ」というものです。

すぐに新しいものに取り替えることで、金運を上げることができます。

また足から毒が出ることをもとにすれば、「体が穢れているよ」という助言も含まれているはずです。

「靴下に穴が開く場合」のスピリチュアル的な解釈

できるだけ金運を下げないためには、新品の靴下にすることが求められます。

しかし金運に恵まれるかは、日頃から足元にどれだけ気をつけているかに関わってくることです。

「靴下に穴が開く場合」いい意味での解釈

ずっと履いているけど全然穴が開かない靴下があるなら、金運に恵まれていることが示されています。

いつも頑丈で高級な靴下を選んでいる人は、そんな傾向が高まるようです。

ある時に穴が開いたけどきちんと縫って直すタイプの人は、無意識のうちに自分でお金を呼び込める行動をしているのかもしれません。

「靴下に穴が開く場合」悪い意味での解釈

もし新しい靴下なのに穴が開いてしまったなら、よっぽど金運がよくないことを示しています。

今は大丈夫だとしも、いずれお金が逃げていくことが懸念されるのです。

もったいない精神が強すぎて、穴が開いた靴下を履き続ける人も同様の意味になります。

丈夫な生地の靴下を選ぶことで、お金対策ができるでしょう。

まとめ

ちょっともったいないからと、穴開きの靴下を履いてしまうことは、金運を下げてしまうことにつながっていました。

また健康面でも穴開き靴下は気になるところです。

とにかくできるだけすぐに新しい靴下を購入して、運勢をよい状態に保ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました