「頻尿」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「頻尿」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

年を取ると様々な病気になりやすいですが、頻尿で悩まされる中高年も多くなります。

頻尿とは尿の回数の増加で、1日8回以上の尿意をもよおすことが頻尿です。

単なる飲み過ぎなら良いですが、腎臓病、前立腺肥大、子宮筋腫、糖尿病などの病気のこともあります。

今回は果たして頻尿とはスピリチュアル的に意味があるのかについて、考えてみることにします。

「頻尿」のスピリチュアルでの象徴や意味

腎臓とは水と老廃物を尿として排出する臓器であり、体内の浄化にかかわる部位です。

その腎臓を介して頻尿が起きるのは医学的には病気ですが、スピリチュアル的には心の浄化が上手く行っておらず、ネガティブの排出が上手く行かないことの意味です。

それは頻尿を起こした誰もが、嫌で不安な気持ちになることでも、よく現れているでしょう。

原因としては過度のストレスがあり、日常の不安なことを抱えている人は波動を低下させることになり、頻尿を起こしやすいです。

嫌なことに目を向けて改善の糸口を探るべきことや、ネガティブなエネルギーを速やかに消化すべきことが示されています。

「頻尿」のスピリチュアルメッセージ

もしある時から頻尿になったら、「心身に異常があるので改善して」「ネガティブなエネルギーを発散して」というメッセージです。

病気の治療と共に、心の改善も図っていく必要があります。

「頻尿」のスピリチュアル的な解釈

頻尿をわずらったとしても、然るべき行動を取ることによって心身の改善はしていくものです。

その方法は様々にあるので、複数を組み合わせて改善に取り組んでみてください。

「頻尿」いい意味での解釈

ストレス解消や癒やしを得る行動をすることは、波動を高め運気を上げますが、頻尿改善にも効果があるでしょう。

趣味などの好きなことをしてストレスを無くす、お風呂でリフレッシュ、運動をするなどを日々心がけてください。

頻尿になっても我慢せず気にせず、排尿に行くことは大切です。

周囲の理解を得ることで、悩みの緩和に繋がることになります。

そして体の波動を高めて頻尿を改善するものを、体に取り込むこともおすすめです。

例えば心身の浄化に役立つマグネシウムを含んでいる魚介類、海藻、銀杏などがおすすめの食品になります。

浄化作用の高いクエン酸水を飲むことも、頻尿を改善して悪い気や毒気を外に出す助けになるはずです。

「頻尿」悪い意味での解釈

頻尿の回数が増加したり、細菌性の頻尿で痛みがあったり膿尿になったりする場合、心にネガティブな状態が進んでいることの暗示です。

マグネシウムやクエン酸水などにより心の浄化を図り、早急に対処しなければいけません。

まとめ

ある時に頻尿を起こすということは、心身の異常を改善すべきこと、ネガティブを発散すべきことの現れでした。

単純な体の病気と考えず、心の乱れと関連付けて考えれば解決方法は見えてくることになります。

頻用はいつも薬に頼るのではなく、効果的な対処方法をぜひ試して行ってください。

タイトルとURLをコピーしました