「顔が思い出せない人」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「顔が思い出せない人」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

一生懸命誰かの顔を思い出そうとしても、何故か思い出せないことはないですか。

記憶力や発想力は個人差がありますが、認知機能障害の相貌失認である可能性もあり、特定の人だけ思い出せないとちょっと不安になるものです。

ここでは顔が思い出せないことの、スピリチュアルな意味と解釈に迫ってみることにしましょう。

「顔が思い出せない人」のスピリチュアルでの象徴や意味

もし思い出せないのが好きな人の顔である場合は、その人が「もうひとりの自分」だからという意味があります。

これは自分の顔を思い浮かべても、どうしてもはっきりと思い出せないのと同じことです。

スピリチュアルではこれをツインソウルと呼んでいますが、好きな人は魂の波長がぴったり合っていたり、自分にとって居心地のよい存在だから起こります。

また何とも思っていない人や嫌いな人の顔が思い出せないなら、縁が無いとか縁が切れている証拠であるとも言われています。

「顔が思い出せない人」のスピリチュアルメッセージ

特定の顔をどうしても思い出せない時、それが好きな人ならば「その人はあなたの運命の人だよ」とか「あなたにとって理想の人だよ」というメッセージを受けている状態です。

そしてどうでも良い人や嫌いな人とは「縁が切れていますよ、縁がないですよ」というメッセージになります。

「顔が思い出せない人」のスピリチュアル的な解釈

運命の人ではなくても、顔を思い出せるかどうかで魂との繋がりがあるかを知ることができます。

また顔の記憶は悪い意味にも影響する場合もあるのです。

そこから人生の改善を図って行くこともできるでしょう。

「顔が思い出せない人」いい意味での解釈

ある人の顔を思い出した時にちょうど連絡が来たなら、深層心理でつながっている人だと判断ができます。

その人と仲良くできるかはともかく、波長が合っていることには違いないでしょう。

特定の人の顔を思い出そうとしたら、何故か別の人の顔が浮かんでくることはないですか。

それはあなたの深層心理の中で、その2人が同じカテゴリに分類されているためかもしれません。

趣味や好みが同じタイプは引き寄せ合うようなもので、その2人は気が合う同士な可能性もあります。

「顔が思い出せない人」悪い意味での解釈

自分が親しくしている多くの人の顔が思い出せない場合、それは過去のトラウマが影響している場合があります。

例えば内気だったりイジメ経験があると、人の顔を見て話すことができません。

それが影響して人の顔を覚えることができなくなっていたりするのです。

顔を覚えられないと社会人になって問題が出ることもあるので、もし治したいなら人の顔を見て話すことを心がけてみてください。

自分をイジメる嫌いな人の顔がはっきり思い出せたら、悪影響を受けすぎていたり悪縁が強すぎることを意味するので気をつけたいところです。

まとめ

必死に顔を思い出そうとしても無理な場合、状況によって運命の人だったり縁が切れたりしているメッセージなことがわかりました。

顔を思い出せないというのは善と悪両面の意味があるので、よく吟味して判断してみてください。

タイトルとURLをコピーしました