「食べても食べてもお腹が空く時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「食べても食べてもお腹が空く時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

部活帰りの中高生のように、お腹が減ることがあります。

食べても食べてもお腹が空く時のジンクスを見ていきましょう。

「食べても食べてもお腹が空く時」のスピリチュアルでの象徴や意味

いっぱい食べたのに、お腹が空いてしまう日があります。

どんなに高カロリーの食べ物をとっても、お腹の虫が鳴ってしまうので困ります。

スピリチュアルの世界で食べても食べてもお腹が空く時は「癒し、回復」という作用があります。

必要な量以上のご飯を食べてしまうのは、心を癒そうと体が頑張っているからです。

心の傷を早く癒せるように、あらゆる食べ物を口に入れて乗り切ろうとしています。

しだいに魂の汚れは落ちてくるので「食べることは悪い」と決めつけず、おいしく食べてみてください。

心に従っていけば、いい作用が生まれてきます。

「食べても食べてもお腹が空く時」のスピリチュアルメッセージ

あんなに食べたのに、また食欲が湧いてくる日もあります。

食べても食べてもお腹が空く時は、過去の傷と闘っているサイン。

昔の苦しみを乗り越えようとして、魂がんばって働いてくれています。

食べることは心を元気にしてくれる手っ取り早い方法なので、思いのまま食べてみてください。

またよく噛むことも、幸せの波動を上げてくれるステップになります。

ひとつの食事にゆっくり時間をかけてみましょう。

「食べても食べてもお腹が空く時」のスピリチュアル的な解釈

食べても食べてもお腹が空く時のいいお知らせと、注意点を見ていきましょう。

「食べても食べてもお腹が空く時」いい意味での解釈

食欲が止まらない時は「良いことが起きる前兆」である場合も。

あなたの環境が大きく変わる、お知らせが含まれています。

好きな人と結婚してパリに移住するなど、あなたに嬉しい事件が起こりそうです。

楽しい想像をしながら、運気の変化を受け入れてください。

「食べても食べてもお腹が空く時」悪い意味での解釈

何を食べても満足感を得られないことがあります。

お気に入りのグルメを食べても「美味しい」と思わなかったら、少しだけ注意が必要です。

心を置き去りにしているようなので、落ちついて過ごすことを大切にしてみてください。

好きな音楽を聴く、大好きなドラマを観るなど、リラックスする時間を見つけていきましょう。

まとめ

食べても食べてもお腹が空く時のジンクスを見てきました。

このような時は、心を癒そうとしているサインです。

いいお知らせを受け取って、未来のヒントに繋げてください。

タイトルとURLをコピーしました