「食器が欠ける時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「食器が欠ける時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

食器を片付けていて、コップや皿の欠けに気が付くことがあります。

食器が欠ける時のジンクスを見ていきましょう。

「食器が欠ける時」のスピリチュアルでの象徴や意味

小皿やお茶碗を戸棚にしまっていて、いつの間にか付いた「欠け」に気付くことがあります。

小さな三角形が器の隅にあると、何だか不吉な予感がします。

スピリチュアルの世界で食器が欠けてしまう時は「運気が上がっていくこと」を示しています。

厄除けとしての作用が強く、お皿が欠けたことによって運気が上昇していきます。

お気に入りの皿が壊れてしまうのは悲しいですが「今までおいしい時間を与えてくれて、どうもありがとう」と丁寧にお礼を言って処分していきましょう。

物を大切に扱い、リスペクトの気持ちを持つことで、あなたの幸せは広がっていきます。

「食器が欠ける時」のスピリチュアルメッセージ

大切な食器が欠けてしまうのは、運気の上昇をあらわします。

あなたの身に起こる災厄を、欠けた食器が吸収してくれています。

「守ってくれて、ありがとう」とお礼を伝えて、新しい食器に取り替えてみてください。

健康運と金運さらに対人運が上がっていき、それぞれ良いことが起こります。

清々しい運気が宿り始めているので、スタート地点に立ったつもりで初々しく色々なことを始めてみてください。

「食器が欠ける時」のスピリチュアル的な解釈

お皿が欠けてしまう時のいい解釈と注意点を見ていきましょう。

「食器が欠ける時」いい意味での解釈

ずっと使用していた、愛着のある皿が割れてしまったときは「最高の幸せ」をあらわします。

あなたの魂が、次のステージに引っ越そうとしています。

幸せの波に乗って、希望をつかんでいきましょう。

「食器が欠ける時」悪い意味での解釈

欠けたことに気が付いても「まだ使えるから」と、同じ食器を使い続けてしまうことがあります。

これはスピリチュアルの観点から、してはいけないこと。

見て見ぬふりして使い続けてしまうと、かえって金運が下がってしまうことがあります。

金遣いが荒くなってしまい、どんぶり勘定ですべてを考えてしまいます。

裕福な暮らしに近付けるように、欠けた皿はきちんと処分をおこない、新しい皿を迎え入れてあげましょう。

まとめ

食器が欠けてしまう時のジンクスを見てきました。

皿が欠けてしまうのは「運気の上昇」の前触れをあらわします。

幸せの解釈を知って、明日の架け橋を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました