「首が痛い時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「首が痛い時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

仕事や家事をしている時に、首が痛いと感じることがないですか?首の痛みは生活習慣病や頭痛など色んな病気と連動していることがあり、寝違えで起きることもあります。

果たして首の痛みとは、スピリチュアルな視点ではどんな解釈ができるのかを確認してみてください。

「首が痛い時」のスピリチュアルでの象徴や意味

首という部位は、頭部と体を繋いでいる重要なところです。

頭部は意識や思考や感情や知能を司り、体とは動作を表します。

またヨガでは首には第5チャクラがあると言われ、自己表現や人とのコミュニケーションをつかさどるところです。

首の付け根の付近は、頭頂部と同じく高次元のエネルギーが入り込む場所であると言われています。

首が痛いことは自己表現や人とのコミュニケーションが、上手にできていないことの象徴です。

抑圧された創造性をも意味しています。

首が痛い時には人を信用できなかったり、誤解されたり、言葉をネガティブに捉えがちになっている場合が多いです。

「首が痛い時」のスピリチュアルメッセージ

これから首が痛いようなことが起きたなら、それは「自分の思いを表現してね」とか「人にほんとうの思いを打ち明けてね」というメッセージになっています。

「思考を柔軟にポジティブに変えたたほうがいい」とも伝えられているでしょう。

「首が痛い時」のスピリチュアル的な解釈

首の痛みが出た後にどんな行動をするかによって、あなたの未来に違いが出てくるでしょう。

痛みのあとに行動を変えたりケアすることが重要ですが、放置しては問題があるので注意が必要です。

「首が痛い時」いい意味での解釈

勇気を出して誰かに本音を吐き出したり悩みを解消することによって、チャクラの働きが正常化します。

同時に首の痛みが不思議と解消する場合もあるでしょう。

首は自己表現をつかさどる場所なだけに、首が痛くなったら本来の自分の表現や創造のほうに舵を取ってみると良いです。

そうすることで能力が開花したり高めることになります。

首の痛い状態をケアすることも、表現力やコミュニケーション力を高めることに繋がります。

例えばマッサージをしてみる、指圧する、温めるといったことが良い方に作用させる方法です。

「首が痛い時」悪い意味での解釈

何日も首の痛みを放置することは、健康上でもスピリチュアル的にも良くないことです。

本来の表現力や創造性が失われたり、コミュニケーション能力の衰退が起きると解釈ができます。

まとめ

なんだか首が痛いという状態は、表現力やコミュニケーションに問題が起きていることの現れとなっていました。

自分を一歩前に出すことは勇気がいるかもしれませんが、それが自分を高めることに繋がります。

首のケアをしつつ、自己改革をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました