「高幡不動」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「高幡不動」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

日野にある高幡不動は、これまでにお参りしたことがあるでしょうか。

高幡不動は本来の名を高幡山明王院金剛寺といい、平安時代に慈覚大師が開いた寺院です。

関東三大不動であり、新選組の土方歳三の菩提寺であることでも知られます。

高幡不動はスピリチュアルな影響が強いと言われていて、ご利益を得たいならぜひ訪れたい名所です。

「高幡不動」のスピリチュアルでの象徴や意味

駅を出るとすぐに高幡不動があり、高幡山のふもとの境内には五重塔を始めとして数々の建物が並びます。

仁王門をくぐって本堂に向かえば、そこには御本尊である丈六不動明王が鎮座しています。

右手に持っている三鉾剣で悪気を退散し、人の煩悩やら因縁を断ち切ってくれる明王です。

高幡不動は厄除けはもちろんですが、商売繁盛や合格や必勝の祈願や交通安全などのご利益があると信じられています。

また境内の八十八ヶ所巡拝を歩けば、四国八十八ヶ所霊場と同じ効果があるとのことです。

「高幡不動」のスピリチュアルメッセージ

これから高幡不動にお出かけしたなら受けられるメッセージは、「丈六不動明王によって厄除けができて幸福がもたらされるよ」というものです。

参拝することによって、人それぞれの願いが聞き届けられるでしょう。

「高幡不動」のスピリチュアル的な解釈

むかしから高幡不動には、ご利益を得られる要素が色々と凝縮されていました。

自分の希望する願いにぴったりな参拝方法を選ぶことによって、そのご利益を最大限に受けられるようになるのです。

「高幡不動」いい意味での解釈

護摩修行は高幡不動で毎日のように行われ、誰でも受けられるおすすめの厄除け方法です。

炎の前でご祈祷を受けることで、煩悩を焼き尽くして災難を消すことになります。

山内八十八ヶ所巡拝は、境内から愛宕山までを歩いて、八十八体の弘法大師像にお参りをします。

巡拝によって得られるご利益は、家内安全や縁結びといったものです。

境内のお賓頭盧(おびんずる)さまは、撫でると悪いところが治癒する効果を得られるとのことで見逃せません。

お砂ぶみ石もご利益が得られるスポットです。

境内の開運そばを食べることで、運気をぐっと高められると言われています。

「高幡不動」悪い意味での解釈

もし参拝の後にも不幸が訪れるなら、厄除けができておらず、よほど悪い気にまとわり付かれていると解釈ができます。

厄除けのためには1度だけでなく、何度か足を運んでみるとよいです。

まとめ

とても人気のある高幡不動は、厄除けと幸福を得られるとても優れたスポットでした。

境内には見どころが多くてそれぞれでご利益があるので魅力的です。

東京旅行をするなら選んでみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました