PR

「髪を切りたいと感じる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「髪を切りたいと感じる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

どんな人であっても、髪を切りたいと感じる時があるものです。

それは物理的に髪の毛が伸びたからだったり、うざったいから、あるいは人に怒られるからという理由もあるかもしれません。

しかしスピリチュアル的に言うと、髪の毛を切りたいと感じる時は運勢を変えるほどの重要な意味を持っていることです。

「髪を切りたいと感じる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

むかしから日本では、髪の毛には神さまが宿ると信じられ、生命力の象徴であると考えられてきました。

しかも髪の毛とは人の思想や邪気までも留めるものであると考えられていて、そのため出家して頭を丸めることは煩悩を断つ意味があったのです。

髪の毛を切りたいと感じることは、意識的にも無意識的にも、悪運や邪気と呼ばれる悪いものを断ち切りたいことの現れとなります。

髪の毛を切ったら恋愛運や金運があがったり、仕事のチャンスが舞い込んだという話がよく聞かれますが、それは髪の毛を切ったことで悪運や邪気が離れたことを意味しています。

そして髪の毛を切りたいのは、心機一転で新しい自分になりたいという願望が湧いている時であるとも言えるでしょう。

「髪を切りたいと感じる時」のスピリチュアルメッセージ

もしあなたが急に髪の毛を切りたくなった時は、「溜まった邪気を祓ってね」「新しい自分になるべきだよ」というメッセージです。

切ることによって運気は好転するでしょう。

「髪を切りたいと感じる時」のスピリチュアル的な解釈

どんなタイミングでどんな風に髪の毛を切るのかは、運気の好転には大切なことです。

しかし髪を切りたいと感じたのにそれを実行しないことは、気を付けなければいけません。

「髪を切りたいと感じる時」いい意味での解釈

髪の毛を切るべきタイミングは、思った日が吉日ということになり、その日や近日中に美容院に出かけてみると良いです。

もしそれが満月から新月に移行する時期であれば、最高のタイミングであると言われています。

満月から新月に向かう時期は、願いが成就しやすいと言われているためです。

そして自分が不幸であると感じ取っているなら、僅かに切って整えるのではなくてバッサリと切って別人のようになることも良いです。

例えばロングやポニーテールなどからショートにするのは、生まれ変わりのような効果があって運勢の転換に絶大な効果があります。

「髪を切りたいと感じる時」悪い意味での解釈

もしも髪を切りたいと思ったのに切らずに放置していると、邪気を祓えずにどんどん溜まることになります。

すると悪いことまでずっとひきずってしまうかもしれません。

まとめ

ある日に急に髪を切りたいと感じることは、邪気を祓ったり新しい自分になって、運気を転換させるべきメッセージでした。

人生には心機一転が必要です。

悪いことばっかりなら、いっそバッサリと髪の毛を切ってみるのが良さそうですね。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする