「髪を染める場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「髪を染める場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

髪型や髪の色を変化させるおしゃれは昔からありますよね。

その時の流行の髪型だったり、髪色だったり。

でも実際スピリチュアル的に見てどうなのでしょう。

髪の毛を切ることは邪気払いでもあることから、いいことだと言われます。

しかし、異世界とのアンテナの役割をする髪色を変えることは?多くの先生方が髪色を変えることに否定的だと言われます。

しかしそれは染める色にもよるようです。

では実際どういった色が良いのか、検証していきましょう。

「髪を染める場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

あなたが髪の色を変えるのはどういう心境のときですか?基本はおしゃれでという方が多いでしょう。

また、年齢的に白髪が出てきたので黒く染めるという言葉も聞きますね。

中には校則で注意を受けたから、黒くするけど、運気が下がるから嫌という言葉も耳にしますが、これは見た目の重さによるものらしいので、気にすることはありません。

ただ、髪色を変える場合は気分が上昇する色でなければ意味はありません。

自分のお気に入りの色であればスピリチュアル的にも良い結果をもたらすはずです。

「髪を染める場合」のスピリチュアルメッセージ

今までの自分を変化させたいという欲求があるのなら、髪色を変えることも一つです。

スピリチュアル的に今までの自分を変化させ、もっと高みへと昇るように指示されているのかもしれません。

とはいえ、あまりにも極端な色にしてしまうことは避けましょう。

元々自身が持っているオーラ色とかけ離れてしまうと、そこでスピリチュアルの力も凹んでしまいます。

髪の色を変化させる場合は自分の顔や髪形にあった色に変化させることがいいでしょう。

行きつけの美容院などがある方はそこの担当の方と相談することをお勧めします。

「髪を染める場合」のスピリチュアル的な解釈

髪の色を変えるイコール自分の見た目を変化させるということです。

そして、見た目が変わることで周りの視線も変わります。

いままで自信が持てなかった自分が髪色を変えることで、自信に繋がり、それが表へ出ることで表情も明るくなるでしょう。

そうなれば周りの反応も変わって、友達も増えるはずです。

また意中の彼とお話ができるほどまでに発展するかもしれません。

「髪を染める場合」いい意味での解釈

イメージチェンジで自分の思い描いていた理想の人物に生まれ変われるかもしれません。

そうすることで、自信がつき全てを前向きに考えることができるようになるでしょう。

「髪を染める場合」悪い意味での解釈

原色に近い色や、ブリーチなどの繰り返しで髪を痛めてしまうこともあります。

髪は美しくなければ、スピリチュアル効果は発揮されません。

まとめ

髪を染めることで自分を内からアップさせることはスピリチュアル的にもとても良いことです。

ただ、髪を染めると髪は痛みます。

その後のケアはしっかりとしましょう。

タイトルとURLをコピーしました