PR

「鯉」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鯉」のスピリチュアル的な意味 メッセージ
記事内に広告が含まれています。

「鯉」は、カラフルな錦鯉に限らず、姿が美しく、立派な魚です。

鯉のぼりなどからも分かる通り、縁起物としての側面もあり、スピリチュアルな意味も持っています。

ここでは、「鯉」のスピリチュアルな意味や、向き合い方について、詳しく解説していきます。

「鯉」のスピリチュアルでの象徴や意味

「鯉」は、コイ科コイ属の淡水魚で、ユーラシア大陸に分布していたものが、有史以前に日本へ持ち込まれたと考えられています。

濁った水にも棲み、生態系を破壊するほどの旺盛な食欲のあるパワフルな魚です。

そのパワフルさからか、滝を登り切ると龍になるという、「登竜門」伝説もあります。

ここから、出世や発展、運命のステージ上昇などを象徴します。

名前の由来は身体や味が「コエ(肥え)」ている、と言われていた事から転じたもので、こちらも、パワーを象徴させるものです。

「鯉」のスピリチュアルメッセージ

「鯉」と接した時の感情にメッセージは顕れます。

「鯉」の動きとして顕れる場合もあります。

生体に限らず、写真やイラスト、鯉のぼり、夢などの場合もメッセージです。

「鯉」のスピリチュアル的な解釈

「鯉」のスピリチュアル的な解釈は次の通りです。

「鯉」いい意味での解釈

「鯉」に接した時、美しさ、力強さ、おいしさなどを感じ、「鯉」が流れを遡っていたり、大きく跳ねているような場合は良い意味です。

「鯉」が持つ、上昇するパワーを受け止めた状態です。

運気や生命力が上がり、何に取り組むにも良く、大きな成果が挙げられるでしょう。

仕事での昇進も期待できます。

「鯉」悪い意味での解釈

「鯉」に接した時、不気味さ、気持ち悪さ、恐怖感、圧倒される感じ、深い場所でじっとしている、逆に力なく浮かび上がっているような場合は悪い意味です。

あなたに、「鯉」のパワーを受け止められるほどの準備がなく、圧倒されている状態です。

「登る」方向のパワーも得られず、時期は今ではない、という意味になります。

あなたは、日常的な疲労やストレスによってかなり弱った状態で、まずは休息が必要でしょう。

高みに登るには、準備や助走が必要です。

まとめ

「鯉」は、パワフルな魚で、出世や発展などを意味します。

良い意味としては、パワーが受け止められ、仕事での昇進が期待出来る状態です。

悪い意味としては、あなたに準備がなく、パワーを受け止められない状態です。

このような時は、休息を取り、ストレスなどを解消する事で改善出来るでしょう。

※当サイトはスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、また記事の性質上、不確定な要素が含まれる場合もありますのでご注意下さい。
詳細についてはご自身で実店舗の占い師の方や電話占い師などプロの方にご相談ください。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
メッセージ
スピリチュアルな出来事をシェアする