「鳥が横切る場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鳥が横切る場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

屋外なら何処にでも野鳥がいるものですが、時折人間の近くを通りすがることもあります。

近くを横切ると驚かされますが、鳥とはこころの自由を表す動物と見られて来ました。

では鳥が横切る場合のスピリチュアルな解釈は、どうなっているかを確かめてみてください。

「鳥が横切る場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

むかしから鳥は、天の神や霊的なものとつながっていると信じられてきました。

何かの鳥が人の近くまでやって来ることは、その人の生命的なエネルギーが高まっていることを意味しています。

そして鳥が自分の前を横切るという行動は、ポジティブな存在から守護されていたり、よいエネルギーをまとっていることの現れです。

そんな日は1日じゅう自由に行動しても、何かのトラブルが発生する確率は低くなると言われています。

「鳥が横切る場合」のスピリチュアルメッセージ

ある時に近くを鳥が横切るようなことがあったら、天や霊的な存在が「見守っているよ」というメッセージになります。

運気が高くなっているので、「思い通りに行動して大丈夫」という助言も含まれているようです。

「鳥が横切る場合」のスピリチュアル的な解釈

どんな鳥がどんなふうに横切るかを見ることでも、自分の近未来を占うことができます。

例えば鳥の種類が何であるか、数は何羽いるかなど、注意深く観察してみてください。

仮に鳥の種類が分からない場合でも、1羽の鳥として見れば大丈夫です。

「鳥が横切る場合」いい意味での解釈

もしも横切ったのはカラスやスズメだったなら、見守られている上にラッキーなことが起きるかもしれません。

ハトが横切ったら平穏無事に過ごせることの現れです。

フクロウならば苦労することなく、何でも成し遂げられるかもしれません。

もし何かの鳥の大群が横切った場合、見守られている中で、行動が正しいことも示されています。

鳥が2羽で横切ったならば、恋愛の方面で上手く行くことが示されているでしょう。

「鳥が横切る場合」悪い意味での解釈

しかし横切った鳥が何かのトラブルに出くわした時は、運気が低下することの現れとなります。

例えば横切った鳥が木や車や壁などにぶつかったり、カラスに襲われたりする場合です。

見た当日や翌日については、何かのトラブルを警戒しておいたほうがよいでしょう。

まとめ

外にいて鳥が横切った時は、ポジティブな存在から見守られていることが示されていました。

鳥の種類や横切る状況によって、その解釈は違ってくるものです。

外で過ごしている時は、周囲の野鳥にも意識を向けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました