「鳥を飼う場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鳥を飼う場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

鳥を飼っていると、幸せな気持ちになります。

鳥からもらえる、不思議なジンクスやパワーを見ていきましょう。

「鳥を飼う場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

文鳥やインコなど、小鳥と一緒に暮らすこともあります。

フワフワの羽毛で包まれた鳥は、幸福を与えてくれる生き物。

飼い主の感性を高めてくれ、幸せを感じられる場所に導いてくれます。

また美的センスも上がっていくので、鳥を飼うようになってから、インテリアショップや美術館めぐりが好きになったという人も多いようです。

小鳥は「神様の使い」として知られています。

一緒に暮らすことで、あなたに日々「気付きと感動」を与えてくれます。

「鳥を飼う場合」のスピリチュアルメッセージ

鳥を飼っているのは、とても幸せな行動です。

愛くるしい鳥はその特性から、日々多くの幸せを引き寄せてくれます。

あなたの自宅にポジティブな気を招き入れてくれるので、運命がらりと変わっていきます。

また感性も磨かれていくので、音楽や芸術そしてインテリアなど、心を潤してくれる作品が大好きになります。

ボーナスが出たら良いコンサートを聴きにおめかしして出かけるのも、開運につながっていきます。

心が喜ぶことをして、丁寧に鳥を可愛がってあげれば、あなたの人生はとても楽しくなっていきます。

「鳥を飼う場合」のスピリチュアル的な解釈

鳥を飼うときの恵まれた解釈と、気になる注意点を見ていきましょう。

「鳥を飼う場合」いい意味での解釈

鳥を飼っていると、小さな幸せに気付けるようになります。

これはあなたの相棒である鳥たちが、プラスの働きかけをおこなっているからです。

他人の思いやりに感動したり、ふとした言葉に感極まったり、心が動く瞬間が多くなります。

楽しみを心から味わえる人になって、さらにあなたの人生は満ちていくでしょう。

感動体験をいっぱいして、優雅で濃い日々にしてみてください。

「鳥を飼う場合」悪い意味での解釈

飼っている鳥が、あえなく命を閉じてしまうこともあります。

大切にお世話していた鳥が亡くなってしまうと、宝物を失ったようで悲しくなります。

人によってはペットロスになり、人生そのものを暗く感じてしまうこともあります。

愛鳥が亡くなったときは「新しいステージ」をあらわします。

あなたの人生も次の場所に移って、今度は新たな試練や楽しみを経験するようになります。

あなたの近くには守り神として愛鳥も見守ってくれているので、少しずつ前を向いて立ち上がってみてください。

あなたが元気でいることが、何よりの幸せになります。

まとめ

鳥を飼う場合のジンクスを見てきました。

鳥を飼うと感性が豊かになり、素晴らしい人生を歩いていけます。

明るい意味を知って、素敵な明日に活かしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました