「鳩の死骸を見た場合」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鳩の死骸を見た場合」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

街を歩けば鳩に当たるというくらい、鳩が多い場所があったりしませんか。

しかし鳩が多ければ死がつきもので、稀に鳩の死骸を見ることがあるものです。

鳩は平和の鳥として知られますが、果たしてスピリチュアルな視点からすると、その死骸にはいかなる意味と解釈が存在するでしょうか。

「鳩の死骸を見た場合」のスピリチュアルでの象徴や意味

古来より西洋で鳩が平和の象徴となっていたのは、「旧約聖書」でノアの方舟から放たれ、陸地に導いたことに由来しています。

西洋でも東洋でも鳩は神さまの使いで、その場にいるだけで吉兆を表す鳥であり、幸福のシンボルとなってきました。

神社にいる鳩はもっとも縁起がよいものであるとされ、昔から大切にされているのが鳩です。

しかしそんな縁起のよい鳩も、死骸となると八方塞がりを意味しています。

鳩の死骸は自由がなくなってしまう象徴で、対人関係のトラブルなどの悪いことが起きる前触れと言われるのです。

「鳩の死骸を見た場合」のスピリチュアルメッセージ

どこかで鳩の死骸を見てしまったら、「これから八方塞がりになりそう」だとか「自由が失われるよ」といった、ネガティブな意味の警告メッセ-ジであるでしょう。

見た当日からしばらくは注意しておくのがよいです。

「鳩の死骸を見た場合」のスピリチュアル的な解釈

基本的に鳩の死骸については、見た人にとってはネガティブな意味しかありません。

しかしそのメッセージを受けても、早めに対策をしておくことで難を逃れることができるでしょう。

「鳩の死骸を見た場合」いい意味での解釈

例えば仕事や家族や人付き合いでトラブルが起きそうなことがあれば常々改善しておくことで、鳩の死骸を見たとしても問題は起きづらくなるわけです。

健康面でも常日頃からチェックをして、問題になりそうなところを治していれば死骸の悪運はつきにくくなると解釈ができます。

もし鳩の死骸を見かけたとしても、その近くに生きている鳩をいっぱい見かけたのなら、鳩の群れの幸福な運気によって悪運も相殺されてしまうはずです。

「鳩の死骸を見た場合」悪い意味での解釈

実際に目にするだけでなく夢を見る場合でも、鳩の死骸の悪運を招く効果は同じです。

ある日に死骸を見たとして、人間関係で起きがちなトラブルには言葉の問題がつきまとうと言われています。

相手に対して嘲笑や中傷をしてしまう傾向があり、それが元で周囲全体を敵に回すことも。

そのため死骸を見たなら、言葉遣いはよく考える必要があるでしょう。

まとめ

平和をもたらす鳩ですが、その死骸は八方塞がりやトラブルを招くという警告のメッセージなっていました。

自由が失われたり人に嫌われたりするなんてちょっと嫌な感じがします。

信じるかは自分次第ではありますが、死骸と遭遇する前に自分自身の問題点を見つめ直しておきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました