「鶏肉が食べたくなる時」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鶏肉が食べたくなる時」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

たまに鶏肉を食べることしか、頭にないような状況になっていませんか?鶏の唐揚げ、焼き鳥、ローストチキン。

鶏肉料理もさまざまで、お手軽で美味しいので世界中で好まれている食材です。

そんな鶏肉が食べたくなる時は考えてみれば不思議ですが、実はスピリチュアル的な理由が存在していました。

「鶏肉が食べたくなる時」のスピリチュアルでの象徴や意味

天岩戸神話では隠れた天照大神を出すため、常世の長鳴き鶏が活躍しました。

その鳴き声は神さまに通じ、時を告げるものであり、十二支にも含まれているなど縁起が良い動物の代表格です。

鶏肉は人のエネルギーを高める食べ物であるため、食べたくなるのは身体の疲労の蓄積や体力が低下していることの現れになります。

鶏肉には疲労回復効果があるので、疲れを癒やすにはピッタリです。

また精神的な疲れや不安やイライラなどが高まった時や、体に邪気が溜まってデトックスすべき時にも、抗酸化作用がある鶏肉を欲してしまうことになります。

そして運勢がとても悪い状態になった時も、無性に鶏肉が食べたくなります。

鶏肉を食べるのは「幸せを鶏(取り)込む」という意味があるので無視できません。

「鶏肉が食べたくなる時」のスピリチュアルメッセージ

あなたが何故か鶏肉を食べたくなってしまうのは「心身の不安や疲労を回復すべきだよ」「運気が低下しているから上昇させて」というメッセ-ジです。

鶏肉の料理によって、人生を好転させてください。

「鶏肉が食べたくなる時」のスピリチュアル的な解釈

どんな風に鶏肉を食べるかは、心身や運勢を良い状態に持っていくためにとても重要なことです。

そして鶏肉を食べたくなる状況を無視するのは、実は問題があることなで気を付けてください。

「鶏肉が食べたくなる時」いい意味での解釈

もし美味しい鶏肉料理を食べることができたら、疲労回復効果や心を満たす効果、運気は飛躍的に高まります。

鶏肉を毎日食べたい状態は、1回だけではエネルギーが満たされていないことを意味することです。

納得行くまで毎日のようにメニューに入れてみるのが良いでしょう。

鶏肉を食べる時には、自分が一番好きなメニューを食べるに越したことはありません。

美味しい、嬉しいと思うメニューにできたら、が運気上昇を招くでしょう。

そして鶏肉のカツやカツ丼を食べるのは「勝つ」に繋がっています。

鶏肉のメニューも験を担いでみてください。

「鶏肉が食べたくなる時」悪い意味での解釈

無性に鶏肉が食べたいのに無視することは、せっかくの肉体と精神の回復や運気上昇の機会を逃すことになってしまいます。

また鶏肉に拒絶反応があったり、鶏肉の食欲が沸かない状態というのも、波動が低下し運気も下がっている状態を表しているようです。

まとめ

どうしても鶏肉が食べたい状況とは、疲労や運気を回復すべきというメッセージでした。

鶏肉の料理は美味しい上に、色んな良い効果をもたらしてくれます。

ぜひ鶏肉を日々のメニューに加えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました