「鹿島神宮」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「鹿島神宮」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

古代から崇敬を集めてきた鹿島神宮は、関東でも屈指のパワースポットです。

茨城県の鹿島神宮は紀元前に創建されたと伝わり、源氏や徳川家も信仰してきた歴史があります。

果たして鹿島神宮ではどんなスピリチュアルな効果が得られるのかは、ぜひとも知っておきたいことです。

「鹿島神宮」のスピリチュアルでの象徴や意味

出雲の国譲り神話で活躍した、武甕槌神(タケミカヅチ)が主祭神となっている神社です。

この神さまは武を象徴する武神であり、むかしから武家の間でたいへん重視されてきました。

今でも勝ち運を付ける神さま、武道の神さまとして知られています。

武甕槌神の武器は?霊剣(ふつのみたまのつるぎ)で、これは邪悪なるものを排除して安寧をもたらすものです。

そのため神社のご利益には、商売繁盛、交通安全、縁結び、病気平癒など様々なものがあります。

「鹿島神宮」のスピリチュアルメッセージ

これから鹿島神宮に参拝することになれば、「あなたを成功に導くよ」とメッセージを受けることになります。

またあらゆるご利益も付けられるので、「あなたの運気を好転させるよ」とも伝えられていることでしょう。

「鹿島神宮」のスピリチュアル的な解釈

むかしから鹿島神宮には数々の名所があり、その場所ごとにご利益を得られると信じられてきました。

とてもポジティブになれるところですが、しかし鹿島神宮は怖いと言われる側面もあるので気をつけたいものです。

「鹿島神宮」いい意味での解釈

広い境内の全域に濃密な社叢(しゃそう)が広がり、樹木の癒やしのエネルギーを体に取り込むことができます。

特に樹齢1300年の大きな御神木と、二郎杉という樹齢700年の大木は、生命エネルギーを与える存在と言われているので確実に出会ってみたいものです。

鹿島神宮は8つの龍神の社あり、拝むことで厄除けや開運が期待できます。

境内には御手洗池というあり、浄化の力が強いというご神水「長命の名水」が湧き出しているのも見どころです。

お茶屋の「一休」では神水を使った名物のみたらし焼き団子などがいただけます。

要石は大なまずによる地震活動を止めていると伝わる石で、地面を深く掘っても全容が知れない謎の物体。

磁場が強く、訪れる人は大地のエネルギーを与えられてご利益があると言われています。

「鹿島神宮」悪い意味での解釈

奥宮は武御雷の神気が強いと言われ、怖くて近寄れないという人もいるほどです。

鹿島神宮自体が磁場が強い高エネルギーの場所なので、訪れると不思議なことが起きたり、体調不良を起こす人も珍しくないので敏感な方は気を付けてください。

とくに鹿島神宮は夜の時間帯は怖いと言われるので、暗くなってからに入り込むことはおすすめできません。

まとめ

とても神聖な空気に満ちた鹿島神宮は、参拝すれば成功に導かれ運気が好転するところでした。

境内には巨木や要石などエネルギーに満ちた見どころが多くあります。

茨城の観光にもぴったりではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました