「黄色」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「黄色」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

いつも何故か黄色を選びたいと思うことがありませんか。

黄色といえばレモンの色だとか、太陽の色と言う人もいるでしょう。

黄色は明るいイメージのためか元気が湧いてくるように感じられますが、スピリチュアル的に見てもその意味は当たっているようです。

「黄色」のスピリチュアルでの象徴や意味

黄色から連想されるのは太陽やひまわりなどのとびっきりの明るさであり、子供や楽しいことや好奇心や幸福の象徴的な色でもあります。

そして風水で黄色は金運を表していることからも、お金に困らないことを象徴する色ということもできます。

逆に黄色とは不安や危険を知らせる色でもあって、信号機の黄色、スズメバチの黄色などがその現れです。

「黄色」のスピリチュアルメッセージ

もし身近に黄色を取り入れたいことがあったら、「見た目や性格を明るくするよ」とか「金運をアップするよ」いうポジティブなメッセージを受けます。

しかし黄色の使い方によっては「不安と隣合わせになるよ」となるので気をつけたいところです。

「黄色」のスピリチュアル的な解釈

どんなふうに黄色を使うかによって、あなたの運勢は変わってくるものです。

控えめに使うのは良いですが、大々的に使うとマイナスになるので注意が必要になります。

「黄色」いい意味での解釈

体内に黄色い食品を取り込むことで、健康だけでなく元気を手に入れることができます。

必須な栄養素を持っている黄色のレモンやバナナはその代表格です。

風水の考え方では、西の方角に黄色を置くことで金運が上昇すると言います。

黄色を配置するなら派手なものは避け、黄色い小物や花を飾ってみるのがよいです。

普段から黄色いバッグを使っていれば、お金や幸福が溜まるといわれているので試してみてください。

「黄色」悪い意味での解釈

黄色や明るさを好む人は人気者だったりお調子者だったりしますが、明るさだけを重視して本質的な部分をおろそかにする傾向にあります。

それがマイナスに作用して人間関係のトラブルを招くので気をつけてください。

また明るく賑やかな子供が集まるとうるさいものですが、黄色を使いすぎることで煩わしさや不安を招くことに繋がるものです。

身近に黄色を使うなら、控えめにすることが重要です。

まとめ

とても目立つ黄色とは見た目や内面を元気に明るくしたり金運を上げるものですが、逆に不安を増やす場合もあることがわかりました。

黄色はほどほどに使うことがベストです。

黄色の小物やお花を、身近に取り入れてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました