「黄色の蝶」のスピリチュアル的な意味、象徴やメッセージ

「黄色の蝶」のスピリチュアル的な意味 メッセージ

黄色の蝶を何度も見ることがあります。

どのようなジンクスがあるのか、チェックしていきましょう。

「黄色の蝶」のスピリチュアルでの象徴や意味

春に咲く菜の花のように、あでやかな黄色い蝶を見ることがあります。

黄色い蝶には金運アップの意味が含まれています。

富や繁栄というメッセージもあるので、見た人を幸せにしてくれます。

お金に困らない裕福な暮らしができたり、宝くじの賞が当たったりします。

また「心の豊かさ」にも働きかけてくれるので、恋愛運や健康運アップのご利益も期待できます。

これまで以上に豊かな生活ができる、非常に恵まれたメッセージがあります。

「黄色の蝶」のスピリチュアルメッセージ

黄色の蝶を見たら、あなたの運気が良くなっていきます。

お金にまつわる幸せな出来事が増えて、お財布がパンパンになります。

本業や副業が大成功してひと花咲かせられるほか、ボーナスがいつもの倍出たりします。

これまで感じたことのないくらい、収入に恵まれるようになるでしょう。

くじ運も上り調子。

黄色の蝶を何度も見かけた日は、近所の宝くじ売り場で運試しを兼ねてくじを買ってみてください。

また同時に期待したいのが恋愛運です。

心が豊かになれる、幸せな出会いもこの先あるようです。

あなたの運命を大きく変えてくれる美しい出会いなので、楽しみに待っておいてください。

「黄色の蝶」のスピリチュアル的な解釈

黄色の蝶を見たとき、いい意味と悪い意味ふたつの内容があります。

見ていきましょう。

「黄色の蝶」いい意味での解釈

黄色の蝶には金運と恋愛運、そして健康運アップのうれしいお知らせがあります。

ビタミンカラーでもある黄色には、近くにいる人を高揚させる幸せな働きがあります。

そのため黄色の蝶が舞っているのを見ると、天国に遊びに来たような喜びを感じられます。

生きている幸せを心から実感でき、気持ちが温かくなっていきます。

心と体がノンストレスの状態になるので、人付き合いが良くなって素晴らしい人生を送れるようになれます。

「黄色の蝶」悪い意味での解釈

黄色の蝶は、富や豊かさのシンボルです。

全体的にいい意味が込められています。

一方で黄色の蝶を見て嫌な気持ちがする時は少しだけ気を付けておきたいもの。

運気が下がっていて、心の波動が弱まっている可能性があります。

美しい生き物を見て心から感動できるように、たっぷり休息を取っておきましょう。

少し休めば、すぐに運気は回復します。

まとめ

黄色の蝶を見たときのジンクスをお伝えしました。

このような場合には、金運や恋愛運そして健康運がアップしています。

スピリチュアルなメッセージに耳を傾けて、幸せのヒントを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました